「医師は不動産投資で成功しやすい」

こんな話を聞いたことはありませんか?

実際、不動産投資をしている方達に職業を聞くと、意外と医師の方が多いことがわかります。しかし、医師であれば誰でも成功するという訳ではありません。

不動産投資に成功している医師は、普段からいろいろなセミナーに参加したり、自分で本を購入して勉強したりするなどの努力をしています。

また、信頼できる不動産投資会社からアドバイスをもらっている点も不動産投資を成功させるひとつの方法だといえるでしょう。

「なぜ医師は不動産投資で成功するのか」についての具体的な理由と、医師が不動産投資を行うメリットなどについてご紹介します。

これから、不動産投資をやってみたいと考えている医師の方は、この記事を最後までじっくり読んでいただくことをおすすめいたします。

不動産投資は医師に向いている

不動産投資は、ある程度の資産を持っている富裕層の方が行う投資だというイメージがあるかもしれません。

実際、そうした富裕層の中には多くの医師の方がいらっしゃいます。

なぜかというと、医師は平均年収が高いことから、多くの資産を持ち合わせている傾向も高くあり、一般的なサラリーマンに比べてプラスに働く面(メリット)が多いのです。

例えば、金融機関のローン審査に通りやすい、高収入であるため節税効果が高いなどです。

そのため、クリニックや病院などの勤務先に不動産投資会社から電話がかかってきたり、DMが届いたりするという方も多いのではないのでしょうか。

医師が不動産投資を行う4つのメリットとは

医師が不動産投資を行うメリットは次のようなものが挙げられます。

・金融機関から融資を受けやすい
・将来に備えて資産を形成できる
・本業以外で収入を得られる
・高収入であるため節税効果が高い

それぞれのメリットから医師に不動産投資がおすすめな理由について紹介します。

金融機関から融資を受けやすい

不動産投資は物件購入のために費用がかかるため、金融機関から融資を受けやすい人が有利です。社会的に信頼度が高く、収入も高い傾向にある医師は、金融機関の審査にも通りやすいです。

そのため、医師は不動産投資に向いているといわれるのです。

将来に備えて資産を形成できる

安定した職業といわれる医師であっても、ご本人の老後や病気に対しての不安は常につきまといます。このような不安を解消するためオススメなのが不動産投資です。

安定した収入が確保できれば、お金を稼ぐというためだけの理由で、朝から夜遅くまで働くといった働き方とは異なる、時間的に余裕のある生活を送ることもできます。

本業以外で収入を得られる

大学病院等の勤務医の方には当てはまらない話ですが、開業医の方の場合は、万が一、患者が減少するなどして収入が減った場合でも、クリニックの家賃・スタッフの給料・施設の維持費などは払い続けなくてはいけないという立場にあります。

もし、本業以外に収入があれば、このような不安も軽減できます。

高収入であるため節税効果が高い

医師のように年収が高い傾向にある方は、一般の方に比べて多くの税金を支払わなければいけません。所得税は、収入が多くなるほど税率は高くなります。

例えば、課税される所得金額。こうした状況から、収入が高い医師ほど節税効果が高いといえます。

▼所得税の税率

課税される所得金額

税率

控除額

195万円以下5%0円
195万円を超え330万円以下10%97,500円
330万円を超え695万円以下20%427,500円
695万円を超え900万円以下23%636,000円
900万円を超え1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え、4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

引用元:国税庁|所得税の速算表

医師が不動産投資をするときの注意点

不動産投資は、正しい情報を理解しておかないと失敗してしまうことがあります。

不動産投資で失敗しないための注意点について確認しておきましょう。

・医師だからこそ、多くの不動産会社から勧誘されるため信頼できる会社を選ぶのが難しい

また、医師に限らずどなたにでも当てはまることなのですが、

・空室や災害、修繕など突然の出費も考えておかなければならない
・節税できる税金の対象や方法を知っておかなければならない

それでは、一つずつ確認していきましょう。

多くの不動産会社から勧誘されるため信頼できる会社を選ぶのが難しい

医師が不動産投資をするために注意しておきたいのは、不動産会社からの勧誘です。

病院や自宅に執拗に電話がかかってきたり、DMが届いたりすることがあります。業者の中には、詐欺まがいの情報を流してくる場合もあります。

空室や災害、修繕など突然の出費も考えておかなければならない

不動産投資には、いくつかのリスクがあります。

その中でも特に空室になるリスクを考えておかなければいけません。

また、地震・台風などの災害もいつ起こるかわかりません。さらに、築年数が古い物件は、修繕などの出費も年々増えていきます。

全て人任せにするのは難しい

不動産投資は、不動産投資会社に全て任せておけばいいという考えは危険です。

物件選びや、資金の調達など本人が決めなければいけないことはたくさんあります。

人任せにしてしまうと、間違った情報に惑わされてしまうこともあります。

節税できる税金の対象や方法を知っておかなければならない

不動産投資で節税できるものには、所得税・住民税・相続税などがあります。

これらの税金をどのようにして節税できるのかを理解しておかないと、節税効果が得られないだけでなく、かえって費用がかかってしまったという事態も起こりかねません。

また、安易な考えで不動産投資を行うと大きな失敗につながる場合があります。

詳しくはこちら|不動産投資による節税の仕組み徹底解説!みんながはまる落とし穴

不動産はどうやって選べばよいのか?

実際に不動産を購入するには、どうやって物件を選んでいけばよいのでしょうか?

不動産を選ぶ方法について見ていきましょう。

・最寄り駅までの所要時間や間取りなど物件の条件を細かく調べる
・将来的に安定している物件なのかを調べる
・医師の顧客が多くいる不動産会社に探してもらう

最寄り駅までの所要時間や間取りなど物件の条件を細かく調べる

まず、入居者がどんな条件の物件に住みたいかを考えます。例えば、ファミリー世帯であれば、駅や学校から近く、間取りは3LDK、日当たりがいいなどの条件です。

条件のいい物件ほど、空室リスクを減らすことができます。

将来的に安定している物件なのかを調べる

新築物件や交通の便のいい物件は、入居者が入りやすく空室リスクも低くなります。

しかし、長い間安定した収入を得るためには、「将来的に人口が増えやすい場所なのか」「人口が減ってしまう可能性はないのか」などを調べなければいけません。

医師の顧客が多くいる不動産投資会社に探してもらう

条件のいい物件を個人で探すには、とても時間がかかります。また、本業に支障をきたすことも考えられます。そこで、利用したいのは医師に特化した不動産投資会社です。

医師向けの不動産投資に関する豊富な知識や経験があるため、その医師にあった不動産を紹介してくれます。

実際に不動産投資をやっている医師からのアドバイス

実際に、株式会社グローバル・リンク・マネジメント(以下GLM)を利用している「レヴィーガクリニック」の三輪菜つ美様(写真・右)にお話をうかがいました。

「私は、知人の紹介でGLMを紹介していただきました。元々母親が不動産投資をしていたので、できるだけ早く不動産投資をしたいと思っていました。実際、自分で駅から物件まで歩いてみたり、部屋の中を見学したりもしました。GLMに物件を紹介してもらったのですが、見学するのが楽しかったです。GLMの方に、「もう少し迷った方がいいのではないですか?」といわれたのですが、担当の方がとても素晴らしい方なので、比較的早い段階で決めてしまいました。

クリニックにはいろいろな投資会社からの営業が多いので、とても警戒していたのですが、GLMの方とお話をしたところ、私の人柄や中身を見てくれていると感じました。やはり、信頼関係を形成することは不動産投資をする者にとっても、とても重要なことだと考えています。不動産投資をするには、不安もあったのですが、GLMの方のおかげでその不安を払拭することができました。やはり専門家にお任せしてよかったと思っています。」

このように、三輪様も自分で物件を見学したり、物件の周りを歩いたりされています。

また、信頼できる専門家に任せることができて安心できたとお話していただきました。

▼三輪 菜つ美様 インタビュー全文はこちら
https://www.global-link-m.com/realestateinvestment/voice/voice08/

▼LEVIGA CLINIC(レヴィーガ クリニック)
https://leviga.jp/
▼三輪 菜つ美様 個人HP
https://miwanatsumi.com/

医師に特化した不動産投資サービス「ドクターズコンシェルジュ」とは

次に紹介するのは、医師に特化した不動産投資サービスです。

GLMには、不動産投資を始めたいという医師の方のために、税金対策から資産運用などの専門知識を持つコンシェルジュがサポートさせていただく、医師向け不動産投資サービス(ドクターズコンシェルジュ)があり、次のような相談を承っています。

・不動産投資の資産運用に関するご相談
・税務(法人税・相続税)に関するご相談
・クリニック開業に関するご相談

不動産投資の資産運用に関するご相談

医師の方に直接お話をお伺いした上で、どのような資産運用が合っているかなど、個別にご提案いたします。

税務(法人税・相続税)に関するご相談

重要な問題となる相続税・資産税などの税金について、どうすれば資産を守りながら増やすことができるかなどのご相談に対して、提携税理士や弁護士からアドバイスやご提案が可能です。

クリニック開業に関するご相談

クリニックを開業するためには、「経営理念・診療方針」「開業地の選定」「事業計画」など、多くのことを決めなくてはいけません。

一方で、不動産投資によって節税効果を得つつ、運用もしていきたいのであれば、不動産投資における収支計画とトータルで最適な形となるように計画を練る必要があります。

それには、不動産投資自体についての知見に加えて、クリニック経営についても通暁したスタッフが必要になります。

もちろん、これらについても、専属のコンシェルジュがサポートいたします。

不動産投資について詳しく知りたい人は、セミナーがオススメ

不動産投資に興味のある方に参加していただきたいのは、不動産投資について詳しく紹介するセミナーです。

GLMで行っているセミナーでは、「不動産投資のメリット・デメリット」「物件や不動産会社の選び方」「老後のための資産形成」など、インターネットや書籍だけでは得られない不動産投資に関する情報を詳しくご紹介いたします。

本セミナーでは、不動産投資のメリットだけではなく、デメリットや注意したい点なども解説。

普段医師の方が不安に思っている点などを、納得できるところまで詳しくお話しいたします。

不動産投資の豊富な知識や経験がある不動産投資会社だからこそできるセミナーです。

まとめ

こうしたことから、医師の方々が不動産投資を行うことには、他のご職業の方に比べて多くのメリットがあり、特に開業医の方においてはより必要性が高いと思われます。

不動産投資で成功している医師は、信頼できる不動産投資会社にアドバイスを受けている方がほとんどです。

しかしながら、利益ばかりを重視する不動産会社が存在することも事実なので、自ら情報収集をして知識をつけ、信頼できる不動産会社なのかどうかを自分の目で判断することを忘れないようにしてください。