マンションを購入すると、マンションの“オーナー”となって、さまざまな業務をこなさなければなりません。しかし、

「事件や事故を未然に防ぐために、24時間で監視・巡回をする」
「掃除をして、建物の内部や周辺を清潔に保ち、衛生の管理をする」
「建物の総合管理や定期点検を行い、故障があれば補修をする」

といった、いわゆる大家さんがするような業務とは、無縁です。

2つある管理は、全て管理会社に任せる

マンションの管理には2種類あり、「賃貸管理」と「建物管理」に分かれます。賃貸管理は主に家賃の回収を、建物管理は建物のメンテナンスなどを行います。

マンションを購入したら、この2つの管理の大半を管理会社に任せるのが、一般的です。実際、マンションのオーナーが行う業務はほとんどなく、時間的な負担も多くありません。これが、資産運用法としてマンション経営が忙しいサラリーマンやお医者様から選ばれている理由でもあります。

一括したサポートをする会社がおすすめ

マンションを買った会社と管理会社が別々になってしまうと、何かしらのトラブルが起こったとき、どちらに連絡すればいいのか、わからなくなります。

そこでおすすめするのが、マンションの建設から販売、賃貸や建物管理を一括してサポートしている会社です。そのような会社を選ぶことで、20~30年の先を見据えた長期的な対応が可能になり、さまざまなメリットも受けられるでしょう。

マンション経営を成功させるためには、パートナーとなる会社選びが大切です。