マンション経営にまつわる知識で忘れてはいけないものの一つが、ローンの知識です。どんなに利回りの良い物件を見つけたとしても、ほとんどの場合、自己資金だけで購入することはできません。

そこで今回は、マンション経営をする際に必要となるローンについて、解説します。

投資用マンションを購入するとき、住宅ローンは使えない?

数千万円単位の投資用マンションを購入する際、現金で購入できる方はほとんどいません。そこで必要となるのが、銀行からの融資です。

銀行の融資商品はマイカーローンや教育ローンなど、さまざまな種類がありますが、投資用不動産を購入するときは、不動産投資ローンもしくは「アパートローン」などといった名称のローンを利用します。

不動産投資ローンは事業に対する貸し付けのため、住宅ローンに比べると審査基準が厳しく、金利も高めに設定されていることが、ほとんど。理由は、採算性や将来性などが重要視されるためです。

物件の購入は、不動産仲介業者やエージェントなどに仲介を依頼しますが、業者によっては銀行との提携ローンなどを用意しているケースがあります。低金利などの優遇が考えられるため、積極的に活用するとよいでしょう。

銀行との提携ローンは銀行から信頼を得ている証でもあるので、業者を選ぶ際の判断材料にしてください。

不動産投資ローンのメリットとデメリット

銀行からの融資を受けること=負債を抱えることですが、大きなメリットが得られます。それは、マンションを購入する資金全てを用意せずとも、新しい投資が始められることです。これは、少ない投資金額で高い利回りを得られる可能性がある、とも言い換えられるでしょう。投資の専門用語で「レバレッジ」と呼びますが、他人の資本を使いながら自分の資金を増やしていくことができるのは、ローンを利用する一番の魅力といえます。

しかし、デメリットもあります。

一般的に、ローンの返済は家賃収入でまかなうものと考えるので、空室が出ると、返済用資金が入ってきません。他に本業がある方であれば、その本業から資金は回せますが、それでも空室が続くと、部屋を持っていること自体がマイナスになってしまうのです。これではやがて、行き詰まるでしょう。

物件を売却する際も、注意が必要です。売却価格がローン残高を下回ってしまうケースがあるからです。残債(ざんさいが払えない場合、その金額が大きいようであれば自己破産も選択肢になってしまいます。

最悪な事態にならないよう、ローンを借りる際は事業計画をしっかりと立てるなど、慎重に検討を重ねることが大切です。

※各種ローンなどの借入金のうち、未返済分の金額のこと。

ローンが味方になるのか、敵になるのか……全て、自分次第

マンション経営は、ローンを組むことで少ない自己資金でも始められるビジネスですが、大きな資金を借りることになるため、失敗は許されません。返済シミュレーションをしっかり組み立て、ビジネスとしての将来性を見据えた上で信頼できる物件を選ぶことが、重要といえるでしょう。また、ローンを賢く利用すればマンション経営の規模をより大きくできるため、ローンの知識は必要不可欠です。