万が一のことが自分の身に起こったときの備えとしてすぐに思い浮かべるのは、生命保険ではないでしょうか?

今回取り上げるテーマであるマンション経営と生命保険は、あまり関連がないように見えますが、よく「マンション経営には、生命保険と同等の効果がある」といわれます。一般的な掛け捨ての生命保険と、マンション経営が持つ生命保険効果について、比較してみましょう。

生命保険の基本的な仕組み

日本人の約9割が加入しているといわれている生命保険にはさまざまな種類がありますが、基本的には掛け捨ての生命保険が主です。毎月の保険料を支払うことで、契約者の身に万が一のことが起こってしまった場合に、親族の方に保険金が支払われるという仕組みです。

その際、毎月の掛け捨てをして大きな一時的な金額を受け取ることができますが、使えば減っていくのみで、増えたり継続的に受け取れたりする商品ではありません。

マンション経営の保険効果とは?

マンション経営をした場合、その大半が金融機関でローンを活用してマンションの購入をしますが、その際、「団体信用生命保険」に加入することになります。

この団体信用生命保険に加入していると、例えばローン返済中に万が一のことが起きてしまった場合、残債がすべて保険会社から支払われます。つまり、無借金のマンションが家族の手元に残ります。さらに、保険料は毎月支払う金利分に含まれているため、別途、保険料が必要というわけではありません。毎月、マンション経営の家賃収入も得ることができます。

万が一の事態がご本人に起きた場合でも、団体信用生命保険のおかげで無借金のマンションが家族の方々に受け継がれ、家族に継続的な家賃収入をもたらしてくれるのです。

異なる点は支払いと受け取り方

団体信用生命保険と一般的な掛け捨ての生命保険、この2つの最も大きな違いは、支払いと受け取り方です。

一般的な掛け捨ての生命保険の支払いは、文字通り、自ら支払うことになるわけですが、団体信用生命保険の支払いは他人の家賃で支払うことができます。

また、生命保険の場合は一括での受け取りですが、マンション経営の場合は継続的な家賃収入です。毎月掛け捨ての生命保険と比べたら、魅力的な収入源といえるでしょう。また、マンションを売却すれば、まとまったお金を受け取ることもできます。

なお、どちらも審査があり、誰もが加入できるわけではありません。