「ローンを返済しているとき、万が一のことがあったら、どうなるのだろう……」。ローンを選択したときに浮かぶ疑問の一つです。家族の将来を考えて始めた投資だったとしても、負債になってしまうリスクがあれば、本末転倒でしょう。

住宅ローンは保険で完済できる

結論からいうと、返済義務がご家族に及ぶことはありません。なぜなら、住宅ローンには「団体信用生命保険」という保険がセットになっており、万が一のときは、この保険料でローン残高を返済することが可能だからです。また、保険料は金利分に組み込まれているため、別途保険料を支払う必要はありません。

「団体信用生命保険」とは?

住宅ローン(居住用・投資用問わず)の返済期間中に、本人が死亡したり高度障害を負ったりした場合に、本人に代わって保険会社が住宅ローン残高を支払う制度のこと。これにより、遺族は住宅ローンの返済の負担を免れることができます。

個人年金保険と同じ効果が得られる理由

団体信用生命保険があるおかげで、不測の事態が起きたとしても住宅ローン残高は消滅し、遺族は毎月一定の家賃収入を得ることができます。また、不動産を売却すればまとまったお金を手にすることも可能です。

つまり、ローンの返済中は、保険商品でいう「終身保険」として万が一の事態に備えることができ、その事態が起きなかったとしても、完済後は月々の家賃収入を得ることができるため、「個人年金保険」と同等の効果が得られるのです。

まずは健康ありきの不動産投資

万が一の事態に備えたリスクヘッジとして団体信用生命保険が付帯され、月々の負担は最小でありながらも、将来に向けた確かな保障をつくることができる。これは、マンション経営が選ばれている理由の一つでもあります。この背景があることで、保険の選択肢や掛け金を見直したり、トータル的なキャッシュフローを良くしたりすることが可能になるでしょう。

注意すべき点としては、全員が保険に加入できるわけではない点です。団体信用生命保険にも審査があり、健康な人しか保険は適用されません。

不動産投資を考える前に、まずは自分の健康、です。