地震のリスクからマンション経営を守るためには、どうすればよいのか? 今回は、「地震保険」「ローン」、2つのテーマにフォーカスして、震災時のリスク管理を考えていきます。

地震保険に加入する理由

ランドマークが軒並み崩壊し、街は首都の面影もなくなる。そんな被害を引き起こすような東京大地震が起きたとしたら……地震保険は、あなたを守ってくれるのでしょうか?

損害の大きさから考えて、地震保険は各保険会社が対応できる金額ではないため、確実に支払いができるよう、国がバックアップしています。ただ、いくら国が後ろ盾をしていたとしても、支払限度があり、その額を超えるような大震災が起きた場合は支払いができません。

しかし、地震保険には必ず加入することを、おすすめします。なぜなら、地震保険でしか「地震によって起きた火災」への保険金は支払われないからです。

地震の主な二次被害は、火災です。これまでの大震災では、建物を倒壊ではなく火災で失ってしまったケースが多く見られました。

「地震保険は、保険金が全額支払われない」。それだけの理由で地震保険に加入しないのは、早計といえるでしょう。

ローンの返済は、どうなる?

もし、大地震によってマンションを失い、返済だけが残ったら……。そんなときに活用できる救済措置は複数存在しており、自分の意志で選択できます。

被災者のローン負担を軽くし、生活の再建を支えることも目的につくられた「個人版私的整理ガイドライン」。制定のきっかけは、東日本大震災でした。このガイドラインは今ある財産を弁済に充てなければなりませんが、ローン返済義務はなくなり、自己破産もせず、新たな融資を受けることもできる制度です。

利用するかどうかは別として、「ローン返済だけが残った」ときにはさまざまな受け皿が用意されているということを、知っておきましょう。

地震のリスクからマンション経営を守る方法を考える②