購入する物件評価と自らの社会的信用力が決め手

マンション経営を始めるにあたって重要なことは、購入する物件評価と自らの社会的信用力のみを武器に銀行から融資を受けることができるということです。

なぜ、物件評価が融資を受けられるかどうか——つまり、審査を通過するのか・落ちるのかの判断材料になるかというと、融資の返済のほとんどを物件が生み出す家賃収入で支払うためです。

そして「社会的信用力のみ」とはつまり、連帯保証人・担保などの人質を用意する必要がないことを意味します。さらにいえば、金利・融資金額などの各条件に関しても、融資を受ける本人の社会的信用力が高ければ高いほど、優遇されるのです。

社会的信用力の高低を決めるポイント

審査基準においてずばりポイントとなるのは「勤め先」、「勤続年数」、「年収」、お金に関する「個人の信用情報」です。

まずは「勤め先」ですが、ほとんどの銀行が上場企業会社員・士業の方と限定していて、資本金や従業員数など、企業規模が重視されます。そして、最低3年以上の勤続年数というのも、必須項目です(これについては、柔軟に対応する銀行もあります)。

また、医師や弁護士など士業の場合、好条件の融資を受けられるものの、その他の自営業者はかなり厳しいです。

スポーツ選手や芸能人は、一般的にマンション経営ローンを組むことが難しいといわれています。その理由は、収入の不安定さに原因があります。爆発的な収入の年もあれば、全く収入がなく、税金だけを納める年もあるかもしれません。毎年、安定的に収入が得られる保障がないのです。ちなみに、融資が使えない代わりに、現金で何部屋かマンションを購入し、収入が確保できなかった年でも不動産運用で収入を確保している芸能人はたくさんいます。

「年収」は、最低450万円からといわれていますが、勤めている会社によっても、変わります。

以上のことからわかるのは、「辞めずに、優良企業で長年働き、一定の収入を得る」ことの信用力の高さです。

このように、不動産運用は各物件・銀行・融資される人によって、細かく条件が異なってくるという、まさに「十人十色」の運用商品といえるでしょう。自分だったら、どのような運用計画を立てることができるのか? まずは自身で条件を確認してみましょう。

マンション経営ローンは審査基準が通常の住宅ローンより高い

「マンション経営ローンの審査に通るのかな……?」。皆さん、気になるところでしょう。実は、マンション経営ローンと通常の住宅ローンとでは、前者の方がよほど審査基準が高いといわれています。

ちなみに、通常の住宅ローンと同様マンション経営ローンも借り換えは可能です。その場合の条件も、やはり本人の社会的信用力と物件評価が重要なポイントになります。