投資物件は増やした方がいいのか、どうか。これは、余裕資金、信用、ノウハウが蓄積できたら、拡大も検討しましょう。まず、一度成功を経験してこその拡大と心得てください。

余裕資金ができてから拡大するのが望ましい

不動産投資にはまとまったお金が必要になりますので、資金計画が重要になります。

複数の物件を持つと、借入金が多く、手持ちの自己資金が少なくなります。そして、不動産投資は、リスクゼロではありません。もし、家賃収入が計画通りにあがらなかったら、たちまち困窮してしまいます。

追加の投資は、資金に余裕ができてから行うべきです。サラリーマンの方であれば、本業、すなわち会社で得られる給与が上がった場合などは、投資拡大のきっかけになるでしょう。 また、「子どもが就職して独立したので、生活費が少なくなった」というタイミングも考えられます。

理想的なのは、「最初の不動産投資で利益が出たので、その資金で別の物件を買う」ということです。投資の拡大は、「保有物件の数を増やすこと」ばかりではありません。 「最初は1000万円以下の物件を買い、後に売却して、1500万円の物件を買う」というように、物件価格を上げていくのも、立派な拡大です。

金融機関からの信用も大切

不動産投資においては、金融機関からの借入が必要になります。 最近は、金融機関も「信用」を重視するようになりました。買おうとする物件が高利回りであっても、借り手に返済能力が十分備わっていないと、融資がおりない可能性もあります。また、最初の投資物件の借入金が残った状態でも、融資は難しいかもしれません。金融機関からの資金調達が円滑に受けられるためにも、「収入が増えた」「最初の投資物件を売って借入金を完済した」というタイミングで、拡大を考えるのがいいでしょう。

「いい物件」を見抜く力が必要

書店に行くと、「不動産投資で○億円の資産を築いた」というようなタイトルの 書籍がたくさんあります。このような書籍の著者の方は「カリスマ大家さん」などと呼ばれていますが、カリスマ大家さんも、順風満帆だった方ばかりではありません。空室が多く発生する物件を買ってしまい、その反省をから「いい物件」を見抜く能力を身につけ、成功に至った方もたくさんいます。

最近は、不動産投資の「失敗例」も、インターネットや書籍で紹介されています。 失敗の最大の原因は、立地や設備についての検討不足です。

物件を選ぶ力が、そのまま投資の成否につながります。物件選定のノウハウは、最大の武器です。それが固まった「手ごたえ」を感じられるまでは、安易に手を広げないほうがいいでしょう。

投資物件を複数持つとリスクヘッジにも

投資用の不動産が1つですと、空室になると100%家賃が入ってきませんが、物件が2つの場合は、一つが空室になっても損失は50%と半分になります。しかし物件を2つ所有していても同じマンションの中で同じタイプの住戸を2戸買うと、入居も退去も同時になってしまうこともあります。

2物件目を購入する場合はエリア・広さ・立地などを変えると空室リスクに対して安心です。