物件を検討する際の現地調査をするときは、住む人の立場になって「利便性」「安全性」といった視点でチェックします。また、「現在の状況」だけではなく「将来の環境」にも配慮することが必要です。

現地調査は「住む人の目線で複数回」行う

不動産投資は、入居者が長く家賃を払い続けてくれることが成功につながります。入居者の目線で、物件の良し悪しを判断しましょう。

入居者は、物件から駅に向かって会社や学校に行きます。そして、夜は物件から家に帰宅します。買い物などで、物件近くの施設を利用します。休日もその物件で過ごします。そして、長くそこに住むつもりで借ります。このような視点で、現地調査をすることが大切です。

例えば、広告に「駅から徒歩5分」と記載されていても、5分で着くとは限りません。不動産広告では、1分は80mです。5分というのは、換算すると400mになります。信号や踏み切りが途中にあったり坂があったりすると、さらに時間はかかるでしょう。

商店街やコンビニなどが近くにあるかどうかも、重要です。病院や役所の出張所なども近くにあると、望ましいでしょう。

ただし、市街地に近すぎるのも問題がある場合があります。騒音があったり、周辺に放置自転車がたくさんあったり、飲食店のゴミがあったりすると、快適さが損なわれるでしょう。

また、「安全性」も重要な要素。車の交通量がどのくらいあるかは、確認しましょう。車道と歩道が分離されていない道は、夜間は特に危険です。また、街灯やお店がなく、駅からの道のりが真っ暗になるような立地では、入居者がつきにくいでしょう。

このようなことを判断するために、現地調査は時間帯や曜日を変えて複数回実施することを、おすすめします。

将来の環境にも注意する

今は便利で快適な場所でも、将来、変わってしまうおそれもあります。近くに高層マンションが建って日当たりが悪くなったり、風俗関係店ができたりする可能性も捨てきれません。逆に、新しい駅ができたり、公共インフラ・商業施設などができたりして、利便性が高まることもあります。

周辺の開発計画は、区役所や市役所で確認できます。現在の環境だけではなく、将来の環境まで気を配ることが大切です。