投資に興味を持っている人であれば、一度は「不動産投資」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

不動産投資は、上手に運用できれば大きな利益や不労所得を得て余裕ある生活を送れるようになります。一方で「内容が専門的で難しそう」という先入観やハードルの高さを感じ、ためらう人が多いのも事実です。

そこで今回は、不動産投資の基本的な知識について、メリットやリスクなども踏まえながら、詳しく解説していきます。

まずは、「不動産投資の種類」から見ていきましょう。

2種類ある、不動産投資

そもそも不動産投資とは、「何らかの不動産物件を購入して第三者に貸し出し、その家賃を利益として受け取る投資方法」のこと。簡単にいえば、「大家になること」です。利便性の高いエリアや、知名度が高いエリアにある収益性の高い物件で不動産投資をすれば、大きな利益が見込めます。

そして、不動産投資は主に「ワンルーム投資」と「一棟買い投資」の2種類に分けることができます。

ワンルーム投資

分譲マンションの1室を購入して、貸し出します。1室のみを購入すればよいため、購入代金や維持費などが少なくて済みます。しかしながら、1室分の収益しか得られないので、大きなもうけを得ることは、難しいです。

一棟買い投資

集合住宅や戸建て住宅を丸ごと一棟購入して、貸し出します。初期費用はかなり高くなりますが、その分、多くの家賃を得ることができます。

このように、ワンルーム投資と一棟買い投資はそれぞれメリットやデメリットが異なるため、どちらを選ぶかは慎重に考えて決める必要があります。

不動産投資の種類について詳しくは、「人気のある不動産投資3種類を比較|あなたにおすすめの物件は?」でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

資金がなくても、ローンを利用すれば不動産投資ははじめられる

不動産投資にはお金がかかるため、資金に余裕がないとできない……というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。物件の購入に住宅ローンを利用することができ、毎月決められた額を返済していけばよいため、物件を現金で一括購入するだけの資金を持っていない人でも不動産投資をはじめることができます。

実際にローンを利用して不動産投資をしている人は多く、例えば、将来の年金に不安を感じた人や副収入を得たいサラリーマンなどがローンを活用して不動産投資を行っています。

もちろん、審査に通らなければローンを組むことはできませんが、このように金融機関が初期費用を融資してくれるのは、不動産投資以外ではほとんど見られません。せっかく挑戦しやすい環境が整っているのですから、資金に余裕がないからといって諦める必要はないのです。

不動産投資をするときに使えるローンの種類

投資用物件を購入する際に使えるローンには「アパートローン」と「プロパーローン」の2種類があります。「アパートローン」とは、公務員やサラリーマンといった定収入がある人が通りやすいローンだといわれています。融資の審査では、不動産の担保価値はもちろんのこと投資する人の年齢や年収、職業といった属性が重視されて融資の可否が決められるのです。つまり、「アパートローン」は投資の成功の可否という点よりも、返済能力が決め手となるといえるでしょう。

一方の「プロパーローン」は「アパートローン」とは逆に「事業の成否」に重点を置いて審査されます。融資を申し込んだ金融機関が「不動産投資が成功する可能性が高い」と判断すれば融資を受けられるローンです。

不動産投資でローンを組む場合、まずは「アパートローン」を使うのが一般的です。過去に不動産投資をして成功の実績があれば「プロパーローン」を選択するとよいでしょう。

不動産投資のローンについて詳しくは、「【不動産投資Q&A】不動産投資をするときに使えるローンの種類を教えてください。」でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

不動産投資の収益の2本柱——「売却益」と「運用益」

不動産投資では、「売却益」と「運用益」という2種類の利益を得ることができます。「売却益」とは、不動産の価値が上がったときに売却して得られる利益のことで、「運用益」とは、入居者から毎月得られる家賃収入をもとにした利益のことを指します。

例えば、5000万円のアパートを購入し、2年後に6000万円で売却することができれば「1000万円の“売却益”」を得ることになります。いわゆるバブル期が典型的ですが、景気が上向きで不動産価格が上昇傾向にあるときに大きな利益が生まれる傾向があります。

一方、全10部屋あるアパートを購入して1部屋6万円で貸し出し、全ての部屋に入居者が入れば毎月60万円の収入となり、「年間で720万円の家賃収入」が得られます。

基本的にはこの2つの利益が見込めますが、不動産価格が常に上昇するとは限らない市場状況においては、売却益よりも運用益の方が重視される傾向にあることを、押さえておきましょう。

不動産投資の家賃収入について詳しくは、「家賃収入で生きる|不動産投資の成功率を上げるリスク回避方法とは」でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

いざというときの生命保険代わりになる

一家の大黒柱が亡くなったときに備えて高額の生命保険に加入するご家庭も多いと思いますが、不動産投資は生命保険の代わりにもなるのは意外と知れられていません。

不動産投資において、仮にまだローン支払い中だったとしても、ローンの契約者が亡くなったり、生活に大きな支障が出る高度障害状態になったりした際には、「団体信用生命保険(団信)」というものが下りるため、残っているローンは全額清算され、以降のローンは支払う必要がなくなります。

もし、不動産投資を行っていた夫が亡くなったとしても、投資物件は消滅するわけではありません。入居者が入らない空室状態でない限りは、ずっと家賃収入を生み続けます。遺族が相続し家賃収入を得続けることができますし、空室率が高いなどのデメリットが気になる場合は、売却して金銭に変えればよいのです。

このように、不動産投資は、投資物件が遺族にとって経済的な助けになる可能性が高く、いざというときの生命保険代わりとなるのです。

不動産投資の生命保険について詳しくは、「不動産投資が生命保険の代わりになる理由と覚えておきたいリスクとは」でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

年金対策にも役立つ、不動産投資

「年金対策に役立つこと」も、不動産投資のメリットです。

年金は、一定の条件を満たした場合に国から毎月支給されるお金であり、働くことのできない年齢になっても継続的な収入を得られるため、老後の大きな助けになってくれます。

しかし、そもそも年金は若い世代が働いて稼いだお金をもとにして高齢者へ支給されるもの。少子高齢化が急激に進む現代では、働き手は減る一方で年金を受け取る人口はどんどん増えていくため、年金の原資の不足が予想されています。そのため、従来の年金制度が今後も永遠に続くという保障はなく、いざ自分が年金を受け取る年齢になったときには、安定した手厚い年金制度ではなくなっているかもしれません。

その点、不動産投資は物件が空室にならない限り家賃収入が入ってきますし、人気が高い物件であれば、長期的で安定的な収入が期待できます。

年金の代わりとして老後の安定収入を見込むことができる不動産投資は、特に若い世代にとってメリットがあるといえるでしょう。

不動産投資の年金対策について詳しくは、「マンション投資が年金対策になる理由!老後の不安は不動産投資で解消」でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

相続税対策としても活用できる

投資目的で購入された不動産は、相続税対策として役立つというメリットもあります。現金として持っているよりも、相続税の額を低く抑えることができるのです。

たとえば、5000万円の現金を持っていた人が亡くなった場合、相続税法上は5000万円がそのままの価値で評価され、それに対して相続税が発生します。しかし、その人が亡くなる前に5000万円で不動産を購入していると、不動産の固定資産評価額をもとに相続税が計算されるため、現金よりも税額が低くなる可能性が高いのです。

現金をそのまま持っているだけでは収益は得られませんが、不動産投資に回せば継続的に家賃収入を得られるため、相続税対策と併せて一石二鳥の効果を得ることもできます。ただし、収益性の低い不動産に投資してしまうと節税効果が薄れてしまうため、購入前には慎重に不動産の調査をして、収益性を見極めるようにしましょう。

不動産投資にはリスクもある

不動産投資にはメリットが多いものの、当然のことながらリスクもあります。

代表的なリスクとしては、貸し出した物件に入居者が入らなかったために家賃収入を得られなくなる「空室リスク」、入居者による「家賃滞納リスク」などが挙げられます。

当初見込んでいた家賃が入らないとなると、収入が減ってしまうのはもちろん、ローンを組んでいればその返済が滞るおそれもあり、収益どころか大きな損失を被る可能性もあるでしょう。

このようなリスクに備えるには、入居者に身元の確かな連帯保証人を確実に付けてもらう、家賃保証会社の利用を入居条件にする、不動産会社などに貸し出すサブリースを利用するなどの方法があります。他にも物件の立地などを吟味することで家賃収入のリスクを抑えることができるため、さまざまな対策を慎重に検討するようにしましょう。

価格変動リスクにも気を配る

バブル期以外の不動産投資は運用益を目的として行われることが多いのですが、だからといって売却益を完全に無視していいわけではありません。

最初は運用益を目的に不動産投資していたとしても、投資をリタイアしたり、他に良い投資物件が見つかったりして、不動産を売却するときが来る可能性もあります。そうした場合、肝心の物件の価格が購入時より大幅に低下していると、売却損が膨らんで「トータルで見ると収益があまり得られなかった」という結果に終わるおそれもあります。

一般的に不動産投資で価格が下がりやすい物件は、老朽化が進んだり利便性が損なわれたりして空室率が高くなった物件だといわれています。物件のメンテナンスを計画的に行う、立地や将来的な都市計画を見極めるなどして、少しでも価格変動リスクを軽減できるよう気を配ることが大切です。

現金で不動産を購入しないのであれば、資金計画は綿密に

不動産は高額の買い物になることが多いため、ローンを組んで購入する人も多いです。従って、物件を購入する前には綿密な資金計画を立てることが欠かせません。

もし銀行から借り入れをした場合、返済するときには元本だけでなく利息を上乗せして支払わなければなりませんが、返済している間に金利が上がる可能性もあります。金利が変わらない前提で資金計画を立てていると、金利が上がったときに支払う余裕がなく、滞納してしまうリスクもあるのです。

現金で一括購入しない場合はこのようなリスクを想定し、頭金を増やしたり金利の上昇を見込んだりして、経済的な余裕を持った資金計画を心掛けましょう。

不動産投資の成功を左右する不動産会社選び

投資用の物件を購入する際に、利用することになるのが不動産会社です。不動産会社選びが、不動産投資の成功を左右するといってもいいほど重要なパートナーだといえます。初めて不動産投資をする人の気持ちに寄り添って、さまざまなアドバイスをしてくれる会社を選ぶようにしたいもの。では、どのような会社が良い不動産会社と言えるのでしょうか。

その判断の目安のひとつに、事前にリスクをきちんと説明してくれるか否かが挙げられます。物件の購入はあくまでスタート。不動産投資を成功させるためには、家賃設定や建物の定期メンテナンスなど購入後のフォローもしてくれる会社を選ぶ必要があります。

このほかにも、顧客の求める条件をしっかりとヒアリングした上で具体的な物件をすすめてくれるかどうか、インターネット上のクチコミサイトで良い評価が多い顧客満足度が高い会社かどうかも見極めておくとよいでしょう。

不動産投資の会社選びについて詳しくは、「こんな会社は要注意!不動産投資を成功に導く8つのポイント」でもご紹介しています。合わせてご覧ください。

不動産投資セミナーで十分な知識を身につけてから、挑戦しよう

「購入した価格より高く売却する」「誰かに貸し出して家賃収入を得る」ことで収益を得られる不動産投資は、一見すると、とても簡単で確実にもうかるように見えます。しかし、不動産投資に限ったことではありませんが、リスクがゼロという投資はありません。他の投資同様、知識や経験が足りないまま挑むと、失敗する可能性が高くなります。

高額のコストがかかる不動産投資だからこそ、リスクを最小限に抑えるためにも、不動産投資セミナーなどを活用しさまざまな情報を得ることが重要となります。

不動産投資セミナーでは不動産に関する基本的な情報はもちろん、メリット・デメリットや、収益性の高い物件の見極め方など、有益な情報を得ることができます。疑問や不安などの相談もでき、不動産投資を目指す人にとってとても頼りになるので、ぜひ一度参加してみてください。無防備で投資に挑むことこそが、最大のリスクです。