家賃滞納などに関する入居者との交渉は、賃貸管理会社に任せることができます。その際、会社によってはサブリースのシステムを使うこともできます。

賃貸物件の大家さんは、入居者から「給湯器が故障した」「水道の調子がおかしい」などといったクレームを受けることがありますが、より頭を悩ませるのが、家賃の滞納、です。

家賃を滞納する人への督促(とくそく)は、やりづらいもの。大家さんが会社勤めをしていると、入居者と会って話すこと自体が難しくなります。また、悪質な入居者を退去させるような事態が発生した場合、借地借家法(しゃくちしゃっかほう)を守った上で対応しなればなりませんので、専門的な法律知識も必要です。

上記の事情もあり、賃貸管理は、家賃を滞納した入居者への対応もしてくれる管理会社に委託するのが通例です。ちなみに、仮に滞納が発生しても、管理会社が代わって家賃を払ってくれる(「サブリース」といいます会社もあるので、検討してみてください。


不動産投資のリスクには何がありますか?


災害リスクにはどう対処したらいいのでしょうか?


空室リスクにはどう対処したらいいのでしょうか?


不動産投資のリスクとして、「価格変動リスク」というものがあると聞きました。不動産投資の目的は家賃収入を得ることで、売却益を狙うものではないのだから、価格変動を気にする必要はないのではないでしょうか?