火災保険とともに地震保険に加入することで、ある程度対応できます。ただ、新しい建物であれば、阪神淡路大震災や東日本大震災でも大きな被害は出ていません。

火災や地震などの災害リスクは、火災保険や地震保険に加入することで対応できます。注意すべきポイントは、火災保険だけに加入していても、地震による損壊は補償されない点。地震保険と合わせて加入するのが望ましいでしょう。

もっとも、災害リスクへの最大の対処は「物件選び」そのものです。

1981年(昭和56年)に耐震基準があらためられ、規制が厳しくなりました。それ以降に建てられた建物は、近年の震災でも、あまり被害を受けていません。最新の制震・免震技術が施されている物件であれば、さらに安心でしょう。

新しい建物は価格が高いものの、入居者からの人気も高く、長期的に価値が維持される可能性も高いです。災害リスクのみならず、収益性の観点からも望ましいといえるでしょう。


不動産投資のリスクには何がありますか?


家賃滞納リスクにはどう対処したらいいのでしょうか?


空室リスクにはどう対処したらいいのでしょうか?


不動産投資のリスクとして、「価格変動リスク」というものがあると聞きました。不動産投資の目的は家賃収入を得ることで、売却益を狙うものではないのだから、価格変動を気にする必要はないのではないでしょうか?