「不動産投資は全て、長期安定」であるわけではありません。しかし、物件選びと 購入後の管理によって、長期的かつ安定的な収入が得られることは事実です。

インターネットや書籍で、「不動産投資の失敗事例」を見かけることがあります。「不動産投資は、本当に長期安定といえるのか……」。そう、疑問に思う方も少なくありません。

不動産投資が失敗する主な理由は、「空室が発生して、思うような家賃収入が得られない」「売却しようとしても、安い価格でしか売れない」です。逆にいえば、「仮に入居者が退去しても、次の入居者がすぐに決まるような物件」「長期的に、高い価値を維持できるような物件」を選んで投資すれば、失敗する可能性は大きく下がります。

不動産投資を成功に導くには、「立地が良い」「耐震性や設備が優れている」といった条件を備えた物件を選ぶことが大切ですが、物件の価値を維持するためには、購入後の管理が重要になります。とはいえ、物件選びや管理を独力で行うのはハードルが高いので、有能な管理会社をパートナーにして、可能な限り、負担を下げるようにしましょう。


不動産投資のメリットは何ですか?


所得税が節税できると言っても、赤字になっては意味がないのではないですか?


不動産投資にはデメリットもあるのですか?