「アパートローン」と「プロパーローン」があります。初めて不動産投資を行う人が使うのは、通常「アパートローン」になります。

不動産投資をする際に使うローンは、「アパートローン」と「プロパーローン」の2種類です。

アパートローンは、不動産の担保価値や投資する人の属性(年齢、年収、職業)を重視して、融資の可否が決められます。「投資がうまくいくかどうか」よりも、「その人が確実に返済できるかどうか」に重点を置くのです。逆にいえば、ある程度の年収があるサラリーマンであれば、通りやすいローンになります。

プロパーローンは、「その事業の成否」を重視します。「不動産投資が成功する可能性が高い」と金融機関が判断すれば、融資されます。

不動産投資を始めるときは、まずアパートローンを使うのが一般的です。プロパーローンは、過去に不動産投資の成功実績がある方が使うことが多いローンです。


普通のサラリーマンでも、融資は受けられますか?


お金を借りる際の、資金計画の考え方を教えてください。


お金を借りて不動産投資をすると、金利を払わなくてはならないので、収益性が悪くなるのではないですか?