ある程度、頭金を用意しましょう。返済が順調にできるかどうか、購入後の収支をシミュレーションしてみることも大切です。金利上昇や売却も想定しておくと、余裕のある計画が立てられます。

不動産投資は、購入する不動産がそのまま担保に使えることもあり、融資は受けやすいです。しかし、全額を借り入れでまかなうことは難しいかもしれません。金融機関が融資に応じない可能性もあれば、借入金額があまりにも多いと、利息の負担が大きくなります。物件価格の2~3割程度は、自己資金を頭金として入れる必要があると考えておいた方がいいでしょう。

次に、借りたお金を返せるか、投入した自己資金が回収できるかの見通しをつけなければなりません。不動産購入後、毎年どのくらいのペースでお金を回収できるのか、資金収支のシミュレーションをしておく必要があります。通常、不動産会社がシミュレーションをしてくれるので、試算の前提条件を確認し、疑問点があれば積極的に質問をして、クリアにしておきましょう。

なお、融資を受ける際の金利には、「変動金利」と「固定金利」があります。将来的に金利が変わりうるのが変動金利、市場金利がいくら変動しても当初の金利が続くものが固定金利です。今は低金利なので、変動金利を選択するケースが一般的ですが、変動金利は将来金利が上昇すると、金利負担が増えてしまうリスクもあります。ある程度の金利上昇があっても耐えられるような資金計画で投資をするようにしましょう。

また、最終的に利益を確定させたり、別の物件に投資したりする場合、不動産の売却も視野に入れる必要があります。その際、価格が大きく下がっていたら借り入れが完済できないおそれもあるので、将来の物件の価格を見込んでおくことも、資金計画においては重要です。


普通のサラリーマンでも、融資は受けられますか?


お金を借りて不動産投資をすると、金利を払わなくてはならないので、収益性が悪くなるのではないですか?


ローンには種類があるのですか?