不動産投資は投資物件自体に担保価値があるので、融資は受けやすいです。さらに、安定的な給与収入があるサラリーマンは金融機関の信用が高く、その意味でも融資が受けやすいといえます。

「不動産投資は資産家がやるもの」。不動産投資に、このようなイメージを抱いている人は多いかもしれません。しかし、近年は事情に変化が生じています。「サラリーマンでありながら不動産投資をしている人」が増えているのです。

不動産投資は、「お金を賭ける」ものではありません。不動産という「現物資産を得る」ものです。つまり、金融機関側から見れば、購入する不動産はそのまま「担保価値のある資産」になるので、リスクが小さく、融資は通りやすいでしょう。

また、サラリーマンは月給、賞与、退職金などの安定した給与収入があります。そのため、金融機関の信用力は意外に高く、融資は受けやすいです。ただし、年齢や年収の要件はあります。また、車のローンをはじめ他の借り入れがある場合、融資に影響が出ることもあるので、注意が必要です。


お金を借りる際の、資金計画の考え方を教えてください。


お金を借りて不動産投資をすると、金利を払わなくてはならないので、収益性が悪くなるのではないですか?


ローンには種類があるのですか?