退職後も安定した収入を!不動産投資はできるだけ早いスタートがオススメ

高橋さまは、現在38歳の製薬会社に勤務されているサラリーマンです。退職後の安定した生活資金の調達や年金対策などを目的とし、31歳の時に不動産投資をスタート。開始から7年で3戸のマンションをご購入されています。今でこそ順調に不動産運用されている高橋さまですが、初めての不動産投資ということで最初は不安も大きかったとのこと。実際にその当時のお話を伺ってみました。
退職後も安定した収入を!不動産投資はできるだけ早いスタートがオススメ

プロフィール情報

名前 高橋さま
年齢 38歳
職業 製薬会社勤務
年収 1,060万(2018年)

1戸目購入時600万(2012年)

家族構成(世帯) 奥さま、お子さま2人(小6、年長)

購入物件

購入物件 新築マンション(1K、押上駅徒歩9分)
頭金 0円
家賃収入 83,000円
購入時期 2012年

不動産投資を始めた背景

不動産投資を始めた背景について教えてください。

不動産投資に興味を持ったきっかけは何ですか?

現状の年金問題などを考えると退職後、自分が働いていなくても稼げるような収入があればより安心と考え、以前からも資産運用はしていました。その中でもより効率よく資産を増やせるというメリットに引かれ不動産投資に行き着きました。

また現在賃貸マンションに住んでいますが自分が月々家賃を払っていく中で、なんとなく「家賃を貰う側」ってすごくいいのでは?と思ったのもきっかけの一つです。

なぜ不動産投資を始めようと思ったのですか?他の資産運用と比較しましたか?

株式の中でも銘柄を分けて分散投資するように、株式以外の金融資産も持つことが大事ではないかと思い不動産投資を始めました。株より利回りが良いとか、FXより稼げるということはありませんが、しっかりと安定した家賃収入が得られるのが魅力に思えました。

現在保有する株もそこそこうまくいっていますが、JALの破綻など予測できないようなことともあり得るわけで、株式だけに投資するのは長期的にはリスクが高いと考えました。

不動産を実際に購入するまでの過程

購入するまでの過程について教えてください。

どのようにして情報収集を行っていましたか?

会社の飲み会で、同僚が不動産投資をしていると聞いたことが始まりです。なんとなく興味を引かれ、その同僚の担当者に連絡をして情報を得るようになりました。

お金のことなど購入に踏み切るまで不安はなかったですか?いくつかの不動産会社を比較しましたか?

2千万、3千万円という人生の中でも高額な買い物なので、不安が全くなかったといえばうそになります。投資用不動産会社はたくさんあるので、いろいろな会社から資料を請求したり、実際に話を聞いてみたりするなど自分が安心できるまでじっくり考えました。

最終的に不動産投資を始めようと意思決定した決め手はなんですか?

投資にはいろいろなリスクがありますが、東京での不動産投資は、リスク発生確率が低いのではと考えたのが決め手です。また営業マンから話を聞く中で、仮にリスクが起こってしまったとしてもそれは納得できるものと思えたのもあります。“やらない”という選択肢よりも“やった”方が自分の人生においてプラスになると思い最終的に決めました。

不動産投資を販売している会社は数多く存在すると思うのですが、良い会社をどのように選べば良いですか? また、注意すべき点があれば教えてください。

株式や金融商品はメリットがあるだけではなくリスクもつきものですが、そのリスクも正直に説明する会社は信用できると思います。

例えば、給湯器が故障してしまい交換が必要になって、持ち出し(コスト)が発生するなど、仮に何かが起きてしまった場合でも、営業マンから事前にそのようなケースもあり得ると言ってもらっていれば、万が一の時にも納得できると思います。事前に教えてもらうことで気持ちやお金の準備ができますし。また“売ったら終わり”ではなく、実際に運用が始まってからのこと、その先のことも見据えてくれる会社がオススメです。

購入するタイミングは考えましたか? どのようにしてタイミングを決めましたか?

7年前に1戸、トータルで3戸の物件を購入していますが、生活資金に余裕があればできるだけ早めに買うのがオススメです。人間の寿命は限られているので、早く買えば買うほど亡くなるまでに得られる賃料収入は増えます。

東京オリンピックが終了したら資産価値が下がると一部で報道されていますが、例えば3千万円のマンションを購入し、5年後に500万円の価値が下がったとしても、今購入して運用すれば月10万円、年間120万円の家賃が得られ、5年間で得られる家賃収入は600万円になります。仮に資産価値が500万円下がったとしても、購入しなかったら家賃収入分の600万円は得られていないのです。

目先の金額でなく、いかに長期的に賃料収入を得られるかが大事かと思います。そのため自分が“買える”状況であれば、そのタイミングで購入した方がいいのかと。むしろ“買えるのに買っておかない”方がリスクではないでしょうか。

どのような物件を購入しましたか?なぜその物件にしたのですか?

東京スカイツリーにほど近い、押上駅から徒歩9分の1K新築マンションを購入しました。2,400万円でした。東京スカイツリーも完成して今後の再開発が見込めたこと、また住む人が減ることはないだろうと予想できたことが決め手ですね。

実際に物件を見て、しっかりとした造りとわかり、お客さまに選ばれると確信したのも理由です。また入居者がいてもいなくても家賃収入が得られる「サブリース」を利用できたことも大きなきっかけです。

購入後

不動産を購入した後について教えてください。

オーナーになって何か変わったことはありますか?生活に支障が出たり、暮らしが変化したりしましたか?

正直何も変わっていません。サブリースを利用しているおかげでオーナーになったからといって、自分で入居者を探したり、物件の掃除をしたりするというような手間は何もないです。一つあるとすれば年に1回ある確定申告くらいです。生活を切り詰めるなど、これといった節約はしていません。

これからの購入者へ向けてのアドバイスや今後の展望

なんとなく不動産投資は「土地を所有していないとできない」というようなイメージを持っていたのですが、全然そんなことはありません。また退職間際になって不動産投資を始めたいと思ったとしても時間は取り戻すことはできないと思います。できるだけ早い段階で始めることがオススメです。

取りあえず不動産投資がどんなものであるかということを知っておくだけでも、大いに価値があることであると思います。興味を感じればその先へ動いて、興味を感じられなければそれはそれでいいと思います。行動することが重要かと。またネットで得られる情報は限られているので、説明会に行くことも大事だと思いますね。

投資物件の入居率は5年連続99%超え!不動産投資をはじめるならグローバル・リンク・マネジメント

老後の備えや新たな収入源の確保を目的として不動産投資を始める方が増えてきました。

もし今あなたが不動産投資を検討しているのであれば、紹介・リピート購入率88.44%(2017年実績)のグローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーへ参加してみませんか?

本セミナーは、以下のような方におすすめです。
・不動産投資を始めようと思っているが、会社や物件の選び方が分からない
・貯金はないが、生命保険に3万円以上に払っている
・将来の備えに不安がある
・資産運用を始めてみたいが、そもそも何にどう投資をしていいかが分からない

過去ご参加いただいた方の約半数が不動産投資初心者です。また、多くの年収500万以上の会社員の方々が参加されています。まずは一度セミナーへ参加してみませんか?

セミナーは無料でご参加いただけます。

キーワード Keywords

あわせて読みたい Related Posts