外資系製薬メーカー勤務 若木佑介さま

転勤を機に、それまで住んでいた仙台の自宅を賃貸物件にした若木佑介さん。効果的な運用方法を考えていたとき、知人から紹介されたのが、グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)でした。そこからさらに、もう1件の運用を開始するまでの経緯とは? 担当の渡邉と上司の永山を交えて、伺いました。

Interviewer

アセットマネジメント営業部・課長
渡邉亮 入社年 : 2012年
営業モットーは、「お客さまにとって、いつでも自分が一番であり続けること」。社内、社外、業界問わず圧倒的に結果を残している方々を尊敬している。


アセットマネジメント営業部・部長
永山一盛 入社年 : 2006年
大学卒業後、グローバル・リンク・マネジメントに入社し、営業部に配属。次長としてチームの目標達成のために日々奔走し続け、気付けば部長に。座右の銘は「今の自分は、これまでの数々の原因により、つくり上げられている。かなえたい未来があるなら、その原因を今日からつくり出せばいい」。過去の経験を生かし、さらに上の未来を目指す。


不動産投資に興味を持ったきっかけは、二人の提案から

私は、そもそも不動産投資にそこまで興味があったわけではないんですよね。北海道への転勤を機に、それまで住んでいた仙台の自宅を人に貸したんですけど、その運用についてのアドバイスが欲しかったんです。

 

最初にお会いしたきっかけは、主にその物件運用にかかる税金のことや、ご家族の保険のことについて質問したいというご要望から、でしたね。

 

そうですね。一度専門家に聞いてみないと不安なことも多かったので、実際に永山さん・渡邉さんにお会いして、いろいろなことを質問させてもらいました。すごく親身になって話を聞いてくれた上に、小さな疑問にもていねいに答えてくれて、信頼できる人たちだと感じましたね。

 

若木さんは、お会いしたときから資産運用に求める目的がはっきりしていたのが、印象的でした。自主的に、少しでもいい形で資産を有効活用したいと考えられていたんです。それならば……ということで不動産投資のご紹介をしたんです。

 

積極的に資産運用はしたいけれど、株などは失敗したときのリスクもあります。当時、もっといい形の運用手段はないものかと、妻と相談していた最中だったんです。お二人からご提案をいただいて、不動産投資にも興味が沸いてきました。

営業にありがちな強引な「押し」を感じなかった

そこから不動産投資の仕組みについて詳しく説明してもらい、サンプルとなる運用プランを提示していただきました。

 

2回、3回と打ち合わせを重ねるごとに、少しずつ具体的な運用プランへと肉付けしていきましたね。

 

お二人は私の話を本当にしっかり聞いてくれました。普通、不動産系の営業は、「これを買ってくれ!」というオーラが出てしまうものだと思います。でも不思議と、お二人からはそういった強引な「押し」を感じたことは一度もありませんでした。

 

印象が薄かったですか(笑)?

 

いえいえ(笑)。無理に押すような営業の仕方ではなく、私たち夫婦の将来設計をしっかり考えてくれているのがわかったので、安心してお任せできました。資産運用のプランも、具体的でイメージしやすかったです。

 

若木さんはすでに、仙台のご自宅を良好な状態で運用されていたので、もう1件、物件を購入することが果たしてプラスになるのかどうか、リスクなども踏まえて徹底的にシミュレーションしました。

 

一時期、物件に借り手がつかないという経験をしていたこともあって、さらに物件を増やすことへの懸念はありました。でも、しっかりしたシミュレーションがあったので、自分たちの将来像がきちんとイメージできたんですよね。GLMさんは、最大35年間のサブリースシステムなどもしっかりしていたので、購入を決めました。

奥さまをはじめ、ご家族にも納得いただけるプランを

物件を新たに購入するにあたり、私一人の判断ではなく、妻の了解も取る必要がありました。大きな買い物なので、一応お互いの両親にも報告したんです。そのとき、お二人が作ってくれたていねいな提案書が功を奏したんですよ。

 

意外と多いのが、奥さまが反対されて、話を聞いてもらえないというケースです。でも、若木さんの奥さまの場合は「ちゃんと納得できればいい」というスタンスだったので、こちらもしっかりご説明させていただきました。

 

今後の人生設計において、「この物件が私たち夫婦にどう役立つか」という視点からの提案が多かったと記憶しています。お二人が真摯(しんし)に私たちの人生と向き合ってくれているのがわかって、妻も納得してくれました。

 

そのときタイミング良く、普段はなかなか出ない好条件の物件が出ていました。特に立地が抜群に良かったんです。そんな物件をご紹介できたのも、私たちとしてはうれしかったですね。

 

物件の条件も購入を後押ししてくれたポイントでした。でも、妻にとってはお二人が投資不動産のメリットだけではなく、リスク面も隠さずに説明してくれたことが信頼につながったようです。決して安くはない買い物をするわけですから、そういった信頼の積み重ねが一番重要なポイントだったと思います。

上司不在の飲み会で、本音が垣間見えた?

出会ってから1年が経ちますが……物件購入後、若木さんが東京に出張でいらっしゃったときに、「飲みに行こう!」と連絡してくださったことがありましたね。

 

あったね! 何だかそのとき、渡邉君の顔がふっと浮かんだんだよね。

 

あのときはうれしかったです。でも、結局仕事の話は一切しませんでしたね(笑)。

 

上司抜きで、どんな話をしたのか気になるなあ(笑)。

 

結婚相談とか、「ぶっちゃけ永山さんって上司としてどう?」とか、そんな話ばっかり(笑)。でも渡邉君、「信頼できる上司です!」ってはっきり言っていましたよね。本当にいい関係だな、と思いました。お二人なら安心して知人にも紹介できます。

 

若木さんには、すでにご友人を何人かご紹介していただいて……本当にありがとうございます。

 

これからも若木さんの期待に応えられるように、精いっぱい、取り組んでいきます!