近年、サラリーマンからの注目を集めているのが不動産投資です。不動産投資は、日中働いていてなかなか資産運用の時間を確保できない人でも、不動産会社に管理を任せることで効率良く資産運用することが可能です。

実際に不動産投資を行っているサラリーマンは、不動産投資をはじめたことにどんな感想を抱いているのでしょうか? サラリーマンオーナーに行ったインタビューの内容を見てみましょう。

不動産投資を行っているサラリーマンの体験談

 

まずは、2017 年12月から投資用物件を購入して運用を開始したH.Hさんです。Hさんは現在、20代後半。株式投資を少しかじる程度で、本格的な投資経験はありませんでした。

「貯金するくらいなら何かに投資しておきたい」という思いはあったものの、不動産投資に関しては、知らない業者からの電話勧誘があったことから不信感を抱いていました。しかし、すでに不動産投資をはじめていた職場の同僚の紹介で話を聞いてみたところ、不動産投資に対する印象が大きく変わりました。

そして、不動産投資をはじめた場合にどのような収入が得られるか丁寧なシミュレーションに加え、購入後の運用に関してわからないところも「サポートする」と親身になってくれる担当者の人間性に魅力を感じ、不動産投資をはじめました。

続いて、2018年の3月から投資用物件を購入して運用を開始したK.Fさんです。Fさんは、Hさんと同様現在20代後半で、将来に向けての資産運用に興味を持ち、セミナーの参加をきっかけに不動産投資をはじめました。

他の業者で中古物件を紹介されたものの、現在の業者では新築物件であるにも関わらず、今の給料でも運用できるというシミュレーションの提示があったため魅力を感じました。しかし、周囲に不動産投資を行っている人がいなかったため、一時は購入を諦めていました。

ところが、再度担当者と会って丁寧に話を聞いてみたことによって、不動産投資への不安が和らいだことから契約に進み、現在に至ります。契約後もこまめに連絡を取ってくれるほか、些細な質問にも答えてくれるため、安心して不動産投資を行うことができています。

最後は、2018年6月から投資用物件を購入して運用を開始したJ.Nさんです。Nさんは、現在30代前半。奥さんとお子さん2人の4人家族です。共通の知人を介して業者の担当者と出会ったことで不動産投資を開始しました。

Nさんは、昨今メディアで伝えられている情報などから、不動産投資に対してポジティブな印象を抱いていませんでした。しかし、担当者に不動産投資の仕組みについて説明され、中長期的な資産形成になることに強い魅力を感じたことで印象が変わりました。

入居率99%を超えるビジネスモデル、50年分の予測を立てて、1年ごとに発生する出費の説明を事細かく受けたことが業績の安定感・信頼性を高めるきっかけになり、不動産投資をはじめる後押しになりました。

不動産投資は融資を受けながら行うのが一般的であるため、「不動産投資にリスクはないか」「はじめる年齢が早くないか」など、疑問や不安が生じます。安定した不動産投資を行うには、信頼できる不動産会社に出会えるかが重要なカギを握っているといえるでしょう。

先輩サラリーマンからのアドバイス「これから不動産投資をやろうと思っている方へ」

 

ここからは、実際に不動産投資をしている先輩サラリーマンに聞いた、「これから不動産投資をはじめようとしている方」向けの情報を、ご紹介していきます。

なぜ、サラリーマンは不動産に投資するのか?

「不動産投資は自己資金にゆとりがある人が行う」という印象を抱いている人もいるかもしれません。では、なぜ多くのサラリーマンが不動産投資を行うのでしょうか? その理由は、以下の5つです。

  1. サラリーマンは銀行から融資を受けやすい!
  2. 他人の力を活用できるから管理の手間がかからない!
  3. 所得税・住民税が節税できる場合がある!
  4. 生命保険の代わりになる!
  5. 私的年金の確保ができる!

アドバイス①:サラリーマンは銀行から融資を受けやすい!

不動産投資を行う場合、多くの方は自己資金だけでは足りないため、金融機関からの融資を受けながら行います。しかし、金融機関の融資は誰でも受けることができるものではありません。

返済が滞らないよう、しっかりとした収入があるかどうかが重要視されるため、安定した給与が保証されているサラリーマンであれば比較的融資を受けやすいのは、ポイントといえます。誰でも受けることができない、銀行融資。融資が受けられるようであれば、これを最大限活用しましょう。

アドバイス②:他人の力を活用できるから管理の手間がかからない!

購入した不動産の入居者管理や建物管理を、自身で行う必要があるのでは?と不安に感じている人もいるかもしれませんが、必ずしも全てご自身で行う必要はありません。

不動産会社に管理を任せれば、オーナーはただ物件を所有しているだけで済むため、FXや株式投資のように自身で運用を行う、情報を調べるといった手間を省くことができるのも大きなポイントです。

アドバイス③:所得税・住民税が節税できる場合がある!

不動産投資によって得られた所得は、給与所得と通算して所得税や住民税を算出するため、不動産投資の所得が赤字になれば節税につながります。

不動産投資では、減価償却という建物の経年劣化による資産価値の減少を、実際には支出を伴っていないにも関わらず、経費として計上できます。本当に赤字経営になってしまっては意味がありませんが、利益を出しながらの節税になることがポイントといえるでしょう。

アドバイス④:生命保険の代わりになる!

金融機関から融資を受ける際に、団体信用生命保険(通称「団信」)への加入は必須条件になっていることが多く、ローンの借り入れと同時に加入していることが一般的です。

団体信用生命保険とは、ローン契約者が返済途中で死亡したり、高度障害状態になったりした場合、生命保険会社が残りのローンを肩代わりしてくれる住宅ローン専用の生命保険です。残債が生命保険会社から支払われることになるため、金融機関側も滞納などによる回収漏れを防ぐことができます。

なお、一般的な団体信用保険は、契約者の死亡や高度障害状態になった時のサポートしかありません。しかし、金融機関によっても違いはあるものの、借入金利に年0.1~0.3%程度を上乗せすることによって、 がんや脳卒中、急性心筋梗塞といった三大疾病、さらに糖尿病や高血圧などの生活習慣病などもカバーすることが可能になるプランもあります。

そのため、万が一上述のような理由によって返済が困難になったとしても、残債に困ることなく、家賃収入を継続して得ることができるのです。このように、生命保険代わりになることは不動産投資のポイントでしょう。特に小さなお子さんを抱えているご家庭には、大きなメリットになります。また、50歳以上の方で生命保険に加入されている方で、「年齢を重ねるにつれて、保険料が高額になってきてしまった」と感じている方も、比較的低い費用にて同等の保障を受けられることもあります。

アドバイス⑤:私的年金の確保ができる!

定年退職した場合は、年金収入を得ながら生活することになりますが、年金は減額が続いているため、結果的に退職金などを切り崩しながら生活していくことになります。

不動産投資を行っていた場合には、私的年金の代わりとして安定して毎月家賃収入を得ることができるため、老後の不安も解消されることがポイントといえるでしょう。

不動産投資での失敗を防ぐために、押さえておくべきポイントと注意点

 

不動産投資に多くのメリットがあることはわかったものの、「失敗するリスクはないの?」と気になっている人も多いと思います。では、どのような人が失敗しやすいのか、見ていきましょう。

アドバイス⑥:他人に任せきりにせず、自分でもしっかりと知識を貯めよ!

不動産投資がいくら不動産会社に管理を任せることができるといっても、任せきりにしていると、空室のリスクなどに直面してしまう可能性もあります。

「不動産投資をはじめれば誰でももうかる」と安直な考えで勝手に未来予想をするのではなく、「不動産投資にはどのようなリスクがあるのか」「出口戦略はどうすればいいのか」などを考えながら不動産会社に的確なアドバイスを求める姿勢が重要といえるでしょう。

アドバイス⑦:リスクが何かをしっかりと理解せよ!

不動産投資には、さまざまなリスクがあります。例えば、空室のリスク、自然災害のリスクなどです。

空室が生じる理由として挙げられるのは、需要のない立地条件です。駅からのアクセスや利便性などに考慮することである程度は空室のリスクに備えることができます。

しかし、いくら空室のリスクに備えることができるといっても、周辺環境の変化などで急に空室が生じる場合があります。融資の返済に困ることがないように借入割合を考えるなど、さまざまなリスクへの対策を事前に練っておくことが重要でしょう。

投資用不動産の種類

 

投資用不動産といっても、その種類は数多くあるため、どんな種類の不動産投資があるのか事前に理解しておくだけでなく、条件に合った物件を選ぶことが不動産投資を成功させるカギを握っているといえます。

アドバイス⑧:投資用不動産の種類と特徴を理解せよ!

不動産投資には、アパート一棟、区分マンション、戸建住宅という建物による違いもあれば、新築、中古という築年数による違い、ファミリー、ワンルームという部屋の間取りの違いがあります。

これらを適当に選ぶのではなく、学生の一人暮らしが多いエリアならばワンルーム、閑静な住宅街で子ども連れに人気のエリアであればファミリーなど、地域や立地条件を考慮しながら需要に合った物件に投資することが安定した不動産投資を行う上では重要です。

どうやって不動産投資の知識を得たのか?

 

不動産投資を成功させるには情報収集が重要です。ネットの普及によって手軽に情報収集できるようになりましたが、不動産投資に関してはどうやって情報を入手するのがいいのでしょうか? 情報収集の方法について、見ていきましょう。

アドバイス⑨:おすすめの情報収集方法はこれだ!

不動産投資の情報収集方法には、書籍、セミナー、資料請求、インターネットなど、さまざまな方法が挙げられます。

書籍には著者の経験談やノウハウについて詳しく書かれているものの、素人にはどの書籍なら基礎知識の習得や正確な情報収集に最適なのかがわかりにくいものです。一方で、インターネットでは無料で情報収集ができるものの、情報の信憑性が低いことや、やはり自分にとって最適な情報へアクセスしやすいのかが必ずしも保証されていないことがデメリットです。

また、資料請求では実際の物件の運用成績などリアルタイムの情報が手に入りますが、すぐには質問できないことがデメリットです。その点、セミナーに参加すれば、リアルタイムの情報が手に入るほか質問もできるため、おすすめの情報収集方法といえるでしょう。

不動産会社の選び方

 

不動産投資に適した良い物件の情報を得る、または、良い管理を行ってもらうには不動産会社選びが重要です。不動産会社の選び方について見ていきましょう。

アドバイス⑩:不動産会社を選ぶ際に注目すべきポイントはこれだ!

不動産会社を選ぶ際、不動産の購入と管理でチェックするポイントが異なります。例えば、不動産を購入する場合は、資本金、会社規模、設立年月日、販売棟数、販売戸数をチェックします。

不動産の管理の場合には、資本金、会社規模、設立年月日、管理棟数、管理戸数をチェックします。実績が豊富な不動産会社を選ぶことはもちろんですが、設立後間もない不動産会社 でも急成長中の不動産会社もあるため、総合的に考えることが重要でしょう。

【実例付き】運用ケースをご紹介

運用ケースの実例として、東京都江東区にある新築区分マンション(最寄駅まで徒歩8分。11階の1K)を購入した場合を見ていきましょう。

この物件は3580万円で、手付金10万円を除いた3570万円をフルローン(35年で金利1.7%)で契約しました。他に登記所費用などとして70万円かかるため、物件の購入にかかる諸費用は手付金を含めて80万円です。ローン支払いは月々112838円、管理費・修繕費が月々10860円です。

収入は家賃保証の付いたサブリース契約で月々110500円という内容で、収入と支出を差し引くと月々13198円の支払いです。一方、家賃保証がなく、管理だけを依頼する場合の収入は114229円で、月々9469円の支払いです。

上記と同物件を、頭金500万円を拠出して3080万円をフルローン(35年で金利1.7%)で契約しました。他に登記所費用などとして70万円かかるため、物件の購入にかかる諸費用は頭金を含めて580万円です。ローン支払いは月々97851円、管理費・修繕費が月々10860円です。

サブリース契約の場合は、収入と支出を差し引くと月々2289円のプラス収支です。一方、家賃保証がなく、管理だけを依頼する場合は、月々6018円のプラス収支です。

頭金を拠出しない場合には、月々の負担が発生しますが、頭金を拠出すると月々の負担なく、不動産投資が可能です。自身の懐事情に合わせた運用方法を選びましょう。