不動産投資注目の城東エリア「墨田区・江東区 ・台東区」の魅力を紹介!

「不動産投資をするなら東京」と思う方は多いでしょう。一口に東京といっても地域ごとに特性や物件価格は異なります。そこで最近注目されている城東エリアから賃貸需要の高い墨田区・江東区・台東区の魅力を紹介します。「東京で不動産を持ちたいけれど物件購入価格は抑えたい」方は是非ご一読ください。
不動産投資注目の城東エリア「墨田区・江東区 ・台東区」の魅力を紹介!

安定した入居率を見込める東京23区は、不動産投資でも特に人気の高いエリアです。

しかし、「東京23区で不動産投資をしたいけれど、物件価格が高そう」「東京に住んでいないから土地勘もないし」などとためらっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では東京23区の中でも比較的物件価格が安く、注目が集まっている「城東エリア」の魅力と特徴をご紹介します。

さらにおすすめの墨田区・江東区・台東区の物件もご紹介させていただきます

「賃貸需要の高い東京で不動産を持ちたいけれど、なるべく物件の購入価格は抑えたい」とお考えの方は、本記事をご一読いただき物件選びの参考にしていただければ幸いです。

不動産投資で城東エリアに注目が集まる理由

東京23区の不動産情報は、江戸城のあった千代田区を中心に、以下4つのエリアに分けて語られるのが一般的です。

<一般的な不動産のエリア分類>
一般的な不動産のエリア分類
※上記は一般的な分類です。明確な定義があるわけではないので、不動産情報サイトによっては分類が異なる場合もあります。

中でも城東エリアは、東京で初めて不動産投資する方にも比較的参入しやすい地域です。
それでは、城東エリアの魅力や注目されている理由を見ていきましょう。

城東エリアとは

東京23区の東部に位置する城東エリアとは、墨田区・江東区・台東区・中央区・葛飾区・江戸川区の6区を指すのが一般的です。

ハイブランドのブティックが並ぶ銀座や情緒あふれる浅草に、東京を一望できる東京スカイツリー。
開発が進む東京湾周辺には、2021年開催予定の東京五輪の会場も点在しています。

「高級感」「下町風情」「観光地」、そして「近代都市」が集結した賑わいあふれるエリア。それが「城東エリア」なのです。

こうした城東エリアの中でも特に不動産投資で安定した人気があるのは、「墨田区」「江東区」「台東区」です。

このエリアの物件は比較的、購入価格を抑えやすく、かつ都心への交通アクセスにも優れています。

平成の住宅地価格
出典:グローバル都市不動産研究所「令和」に向けて地価上昇が期待される注目エリア

住みやすさと通勤の利便性から人口も多く、一定の賃貸需要を保ってきました。

城東エリアが注目されている理由

墨田区、江東区、台東区などの城東エリアは、今後も人口の増加傾向は続くと予想されていることから、安定した賃貸需要が期待できるでしょう。

全国・東京都及び特別区部の将来人口予測

そのため、東京で不動産投資を検討する際、候補に挙がる定番エリアといってもよいでしょう。

そんな定番エリアが今、改めて注目されています。
その理由は、2021年開催予定の東京五輪です

2021年開催予定の東京五輪会場は、1964年東京大会のレガシー(遺産)を引き継ぐ都心と多摩地域までの「ヘリテッジゾーン」と、江東区(湾岸部)を中心とした「東京ベイゾーン」に分かれています。

江東区の東京湾沿いに点在する東京ベイゾーンの各会場は、その多くが今大会を機に新設されました。

中でも規模の大きい有明アリーナは、五輪終了後もスポーツ施設やライブ会場などとして、多彩なカルチャーの中心的存在になることが予想されます。

新しいカルチャーの拠点ができれば、ますます人の流れは活発になると見込まれます。
人が集まることによって周辺の商業施設も増え、交通面も便利なため注目度が高まることが期待されます

実際、江東区と周辺の墨田区・台東区は、ここ数年右肩上がりで人口が増えています。
人口が増えれば、今まで以上に賃貸需要も高まることでしょう。

おすすめの城東エリア①墨田区の特徴・不動産市況・注意点

隅田川とともに発展してきた墨田区には、2012年に完成し、当時ギネスブックでも「世界一高い電波塔」と認定された東京スカイツリーがあります。

周辺には下町の雰囲気と新しさを融合させた商業施設が林立し、今では観光客も地元民も集まる場として定着しました。

東京スカイツリーの誕生以降、新しい商業施設や飲食店、またデートスポットも増えたことによって、墨田区は「古い下町」から、「おしゃれな下町」に変わりつつあるのです。

また墨田区では若い子育て世帯の増加を促進するため、子育て支援にも力が入れています。
実際に人口も増加傾向にあるため、賃貸需要が急激に落ちる可能性は低いでしょう。

そのような墨田区の中でも注目のエリアが、押上駅(スカイツリー前駅)周辺です。
押上駅は東武鉄道や京成電鉄、地下鉄半蔵門線や浅草線など乗り入れ路線が多く、都心だけではなく埼玉方面や千葉方面への移動もしやすくなっています。

墨田区で不動産投資を考えるときは、まず押上駅周辺で駅近の物件を探してみることをお勧めしたいです。

墨田区の物件紹介

ここでは、墨田区にある投資用不動産を紹介します。

エスリオ ソラエ」は、押上駅まで徒歩約8分の好立地にあるマンションです。

物件概要
築年月 2020年6月
総戸数 22戸
総階数 地上12階
その他設備等 駐輪場/バイク置場/敷地内ゴミ置場/オートロック/エレベーター/エアコン/システムキッチン/防犯カメラ/宅配ボックス/ペット相談可

2020年6月に完成したエスリオ ソラエは、スタイリッシュな外観と高級感のあるエントランスを見るだけでも気分が高揚するマンションです。

最新の設備が充実していてセキュリティ面も優れているため、1人暮らし女性のニーズも満たせるでしょう。

押上駅は複数路線が乗り入れているため、大手町駅まで約15分、東京駅まで約20分、渋谷駅まで約30分程度で出ることができます。

また休日は隅田川沿いを散歩したり、ソラマチでご飯を食べたりといった楽しみもあります。

仕事もプライベートも充実する環境がそろっているため、客付けもしやすいのではないでしょうか。

おすすめの城東エリア②江東区の特徴・不動産市況・注意点

2021年開催予定の東京五輪会場の予定地に選ばれたことで、東京湾沿いの有明地区を中心に注目を集めている江東区

2000年に約37万7000人だった人口は、2021年には約52万6000人にまで増えました。
少子化が深刻な日本において、20年間で約15万人も人口が増えているのです。

もともと江東区は、墨田区同様に下町色が強いエリアでした。
しかし東京五輪に向けたによって、東京湾沿いの地域は都市型の町へと変貌を遂げています。

江東区の魅力は、「下町」と「未来型都市」の共存、そして区内を通る路線が10路線もある利便性です。

今回はその中から「門前仲町駅」と「豊洲駅」をご紹介します。

下町色が濃い「門前仲町駅」には東京メトロ東西線と都営地下鉄大江戸線が通っており、新宿駅まで約30分弱。

豊洲市場もあり近代的な「豊洲駅」には東京メトロ有楽町線が通っていて、有楽町駅まで7分とどちらも丸の内側への交通アクセスが抜群です。

また2020年に開業した大規模商業施設の「有明ガーデン」には、ショッピングから映画、温泉、舞台といった種々のエンターテインメントが揃っています。

豊洲駅直結の「豊洲ベイサイドクロス」は、オフィスや商業施設、ホテルが入っており、ビジネス・観光、ショッピングなど多様なニーズに応えられる施設となっています。

オンでもオフでも充実した生活を過ごせる環境が整っており、交通アクセスも良好。
そして、人口の伸び率からも目が離せない江東区。

今のうちから駅周辺の物件をチェックしておくことをおすすめします。

江東区の物件紹介

ここでは、江東区にある投資用不動産を紹介します。

江東区にある「アルテシモ リュクス」は、東京メトロ門前仲町駅まで徒歩約10分、東京メトロ水天宮前駅まで徒歩約8分のマンションです。

物件概要
築年月 2019年1月
総戸数 31戸
総階数 地上11階
その他設備等 駐輪場/バイク置場/敷地内ゴミ置場/オートロック/エレベーター/エアコン/システムキッチン/防犯カメラ/宅配ボックス/ペット相談可

都内にありながら、隅田川を間近に臨む好立地。
ワンフロアに3戸、角住戸中心なので、「都会には住みたいけど、静かなマンションがいい」というニーズを満たせる造りです。

門前仲町駅を使えば銀座や大手町は約10分圏内、六本木や新宿も約20分圏内なので、通勤で不便さを感じることはないでしょう。

また、駅裏の路地を少し歩けば、情緒あふれる下町の空気を楽しむこともできます。

マンション周辺にはスーパーやコンビニ、銀行など日常生活で必要な施設が揃っています。

このエリアは、新しくて便利な施設があるのみならず、歴史や由緒ある施設が共存していることで、独特の空気を持つ町の味わいが大きな魅力です。

おすすめの城東エリア③台東区の特徴・不動産市況・注意点

日本を代表する観光地である、「浅草」と「上野動物園」がある台東区。
国内外問わず人気のある施設が多いので、観光客も多く訪れるエリアです。

観光地というと華やかなイメージがあり、住む人は少ないのでは?と思うかもしれません。
しかし台東区内には東京のブルックリンともいわれる「蔵前」や、閑静な住宅街が広がる「新御徒町」などがあります。

同じ区内でも少し歩けば町の色合いががらりと変わるため、住む場所にこだわりたい方から密か人気を集めています。

また、駅周辺には、小規模店やスーパーが数多くあるので買い物には困りません。

浅草駅から日本橋駅まで約15分以内で出られる交通アクセスの良さと住みやすさもあり、客付けもしやすいエリアと言えます。

台東区の物件紹介

ここでは、台東区にある投資用不動産を紹介します。

台東区にある「アルテシモ クルセ」は、東京メトロ銀座線浅草駅まで徒歩約10分、隅田川の近くに位置するマンションです。

物件概要
築年月 2020年2月
総戸数 49戸
総階数 地上14階
その他設備等 駐輪場/バイク置場/敷地内ゴミ置場/オートロック/エレベーター/エアコン/システムキッチン/防犯カメラ/宅配ボックス/ペット相談可

様々な観光地と隅田川からほど近い好立地にたたずむこのマンションは、忙しい1人暮らしの方やDINKsを想定して作られました。

スタイリッシュな外観と室内のハイグレードな設備は、住む場所と住む部屋の両方にこだわりたい方におすすめです。

宅配ボックスや敷地内ゴミ置場などが完備されているため、多忙なビジネスパーソンでも気兼ねなく住めるでしょう。

また、つくばエクスプレス線や都営地下鉄の浅草駅も徒歩圏内のため、都心だけではなく、埼玉や千葉方面、羽田や成田など空港へのアクセスも優れています。

まとめ

「不動産投資をするなら、人が集まる東京」そう思う方は多いでしょう。
しかし、ひと口に東京といっても地域ごとに特性や賃貸需要、物件価格は異なります。

実際に住んだことのない地域であれば、なおさら物件探しで迷ってしまわれるでしょう。

東京の物件選びで迷っている方には、安定した賃貸需要があり、注目のエリアでもある墨田区・江東区・台東区の物件がおすすめです。

どのエリアにも共通しているポイントは、以下の2点です。

・人口の増加傾向が今後も引き続き期待できる点

・交通アクセスが優れているため、移動での利便性が比較的高いという点

空室リスクを抑えるためにも、「継続的な人口増加」と「交通アクセスの便利さ」は欠かせません。

東京でこの2つを満たす物件は必然的に購入価格も高くなる傾向がありますが、ご紹介した城東エリアであれば比較的購入価格を抑えられるでしょう。

不動産投資は、投資である以上リスクが付き物です。
各エリアの中で物件を絞り込む際は、ノウハウを持っている不動産会社をうまく活用してください。

不動産投資は買って終わりではなく、購入後の賃貸管理も含めて運用していかなければなりません

長く付き合える不動産会社を見つけて、物件選びから賃貸管理までサポートしてもらいましょう。

投資物件の入居率は6年連続99%超え!不動産投資を始めるならグローバル・リンク・マネジメント

老後の備えや新たな収入源の確保を目的として不動産投資を始める方が増えてきました。

もし今あなたが不動産投資を検討しているのであれば、紹介・リピート購入率88.44%(2017年実績)のグローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーへ参加してみませんか?

本セミナーは、以下のような方におすすめです。
・不動産投資を始めようと思っているが、会社や物件の選び方が分からない
・貯金はないが、生命保険に3万円以上に払っている
・将来の備えに不安がある
・資産運用を始めてみたいが、そもそも何にどう投資をしていいかが分からない

過去ご参加いただいた方の約半数が不動産投資初心者です。また、多くの年収500万以上の会社員の方々が参加されています。

まずは一度セミナーへ参加してみませんか?

無料オンラインセミナー開催中です!

キーワード Keywords

あわせて読みたい Related Posts

//記事ページのみに構造化データを出力 //サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述