初心者でも始められる不労所得とは?目的別おすすめ9選【徹底解説】

不労所得とは、自分自身が労働することなく得られる所得のことです。この記事では初心者にも始めやすい9種類の不労所得について、目的別にまとめています。難易度・リターン・リスクも紹介しているので、あわせて参考にしていただき、自分に合う方法を見つけて不労所得への道をスタートさせましょう。
初心者でも始められる不労所得とは?目的別おすすめ9選【徹底解説】

本業の収入にプラスして、不労所得を得たいと思ったことはありませんか。

不労所得を得ることで、収入が増えるのはもちろんのこと、収入源を分散できるため、本業に何かあった場合のリスクヘッジにもなります。

不労所得にはさまざまな種類があり、かかる手間や費用、稼げる金額はそれぞれ異なります。
サラリーマンや主婦など、初心者の方が始めるなら、どのような不労所得を選べばよいのでしょうか。

今回は、初心者にも始めやすい9種類の不労所得について、目的別にまとめています。
それぞれ難易度・リターン・リスクも紹介しているので、あわせて参考にしていただき、自分に合う方法を見つけて不労所得への道をスタートさせましょう。

不労所得とは

不労所得とは、自分自身が労働することなく得られる所得のことです。

対して、労働の対価として得る所得を勤労所得といいます。会社員の給与は勤労所得です。

不労所得の場合、働かないといっても、全く何にもせずにお金が勝手に入ってくるという甘い話はありませんが、お金を稼ぐ仕組みを構築できれば、労働しなくてもお金が入ってくるようになります。

しかし、その仕組み作りや準備にかけた時間が、そのまま対価として得られるわけではありません。

つまり、仕組み作りに100時間かけても、実際に稼げたのは1万円だけということもあり得るのです。その場合、時給換算するとわずか100円です。

少ない労働で大きく稼げる可能性も、多くの労働で少ししか稼げない可能性もあるのが不労所得です。

稼げる金額と稼げない場合のリスクを考え、自分の状況に合わせて、不労所得を得る方法を探してみましょう。

不労所得の種類

それでは、実際にどのような不労所得があるのかを紹介します。

目的①長期的に安定した収入を得たい

最初に紹介するのは、長期的に安定したリターンを得やすい不労所得です。

先ほどお伝えしたとおり、不労所得はお金を稼ぐための仕組みを作ることが重要です。

そのために勉強したり、リサーチしたりする時間はかかりますが、投資対象を見極められるようになれば安定収入が見込めるでしょう。

不動産投資(家賃収入)

■種別:資産運用系

■難易度     :★★★★☆

■リターンの大きさ:★★★★★

■リスクの大きさ :★★★☆☆

不動産投資は、長期的に安定したリターンを得られる可能性が高い不労所得です。

不動産投資と聞くと、不動産を購入するための高額な初期費用が必要だと思うかもしれません。

しかし、実際には金融機関でローンを組んで不動産を購入するため、初期費用を抑えながら、家賃収入で月々のローン返済していく形になります。

ただし、ローンの金利上昇や入居者が決まらないといったリスクはあります。

また、物件に対する知識も必要なため、初心者の方は、不動産投資会社が開催するセミナーなどに参加して情報を得るといいでしょう。

人気のあるエリアで貸し出せる物件が増えれば、月100万円を超える家賃収入を目指すことも可能です。

不動産投資について、詳しくは「5分でわかる不動産投資とは?メリット・デメリットとリスク回避方法」でもご紹介しています。あわせてご覧ください。

株式の配当

■種別:資産運用系

■難易度     :★★☆☆☆

■リターンの大きさ:★★★☆☆

■リスクの大きさ :★★☆☆☆

株式投資の利益には、売買差益(キャピタルゲイン)と配当金(インカムゲイン)があります。

不労所得の場合は、配当金(インカムゲイン)を狙いましょう。

業績が好調な企業の株式を購入できれば、株式を保有するだけで配当金が得られますので、手間はかかりません。

ただし、しっかりと利益の出る株式を選ぶには、企業の業績や業界動向などの見極めが重要となります。

また、配当金だけで月に1万円を得ようとすると、それなりの資金力が求められます。

例えば、税引き後の配当利回りが3%だと、年間12万の利益を得るには資金が400万円ほど必要です。

そのほか、株価の下落で購入時よりも評価額が下がる可能性があることも忘れてはいけません。

不労所得として配当金を目的としながら、中長期で運用して売買差益を得ることも検討してみましょう。

目的②ローリスクでお金を増やしたい

続いて、不労所得の中でも、特にリスクが低いものを紹介します。少額でも安定したリターンを得たい人におすすめです。

預貯金の利子・利息

■種別:資産運用系

■難易度     :★☆☆☆☆

■リターンの大きさ:★☆☆☆☆

■リスクの大きさ :★☆☆☆☆

低リスクでお金を増やすならば、銀行にお金を預けて利息を得るのが確実です。

銀行預金は一つの金融機関で1,000万円までは元金保証されるため、リスクはほぼゼロだといえるでしょう。

ただし、得られるリターンは少額です。

日本銀行の主要時系列統計データ表によると、普通預金の金利平均は2016年10月から0.001%が続いています。

金利0.001%だと、100万円を1年間預けても得られる利息はわずか10円です。さらにそこから税金が引かれるため、実際の利息は10円にもなりません。

店舗を持たないネット銀行や定期預金の場合は、もう少し金利が高いケースもありますが、預貯金からまとまった額の利息を得るためには相当の資金が必要です。

日本の銀行ではなく、より金利が高い海外の銀行に預ける方法もあります。
ただし、為替の変動で元本割れするリスクが発生するため注意しましょう。

投資信託の配当

■種別:資産運用系

■難易度     :★★☆☆☆

■リターンの大きさ:★★☆☆☆

■リスクの大きさ :★★☆☆☆

投資信託は、金融商品に投資して運用する投資方法で、利益の一部が分配金として配当されます。

同じく配当を得る株式投資と違うのは、金融商品の運用をプロに任せる点です。

株式や債券といった金融商品の選定や運用を自分で行わないため、購入後に手間が掛かりません。その一方で、運用を委託する手数料が必要です。

安定した運用を目指すものや高いリターンを目指すもの、また株式を投資対象にするかどうかなど、投資信託にはさまざまな種類があります。

投資金額は100円から設定できるため、ある程度リスクやリターンを自分で調整できるでしょう。

債券(国債、社債など)の利息

■種別:資産運用系

■難易度     :★☆☆☆☆

■リターンの大きさ:★★☆☆☆

■リスクの大きさ :★☆☆☆☆

債券は資金を調達するための手段で、国が発行する国債と企業が発行する社債があります。

債券の満期時には元本が償還され、それまでは定期的に利息を受け取れます。

国債の発行元は日本ですので、元本保証されていると考えてもよいでしょう。

ただし、リスクが小さい分、金利は低めです。

国債は下限金利が0.05%と決まっているため、預貯金よりは高金利ですが、あまり大きなリターンは見込めません。

対して社債は、国債よりも金利は高めです。

しかし、発行するのは一企業ですので、倒産リスクを考える必要があります。

もっとも、大手企業が発行する社債なら、倒産の可能性は低く、比較的安全な投資先だと考えられますが、あくまでも個別銘柄としてリスクの程度を考える必要があります。

目的③手持ちの資産を有効活用したい

不労所得としてお金を得る仕組みを構築するためには、スタートの段階で資産が必要なケースもあるでしょう。
ここでは、資金や土地といった手持ちの資産を有効に使える不労所得を紹介します。

自販機・コインロッカーの設置

■種別:リアルビジネス

■難易度     :★★★☆☆

■リターンの大きさ:★☆☆☆☆

■リスクの大きさ :★☆☆☆☆

土地を持っている場合は、自販機やコインロッカーを設置して不労所得を得る方法があります。

自販機・コインロッカーの設置や日常的な管理は管理会社に委託できるため、商品を補充するといった労働なしで利益を得ることも可能です。

その場合、売上金額のうち、数%~数十%が収入になるという契約になるでしょう。ただし、自販機の電気代は負担しなければなりません。

なお、自販機やコインロッカーを買い取って自分で管理すれば、経費を除いた売り上げの全てを所得とすることもできます。

自販機は省スペースで設置できるため、不動産投資で家賃収入を得る傍ら、空きスペースには自販機の設置を検討するのもおすすめです。

シェアリングビジネス

■種別:ネットビジネス

■難易度     :★★★☆☆

■リターンの大きさ:★★☆☆☆

■リスクの大きさ :★★☆☆☆

現金以外の資産を有効活用したいなら、シェアリングサービスがおすすめです。

シェアリングサービスとは、さまざまなものを共有するサービスのことです。

手持ちのブランドバッグや車があれば、それらをポータルサイトで貸し出すことで収入を得られます。

貸し出すものを用意するには費用がかかる上、果たしてどこまで安定収入になるかは、その資産次第で千差万別であり、一言では何とも言えません。

しかし、あまり使っていないブランド品や車がある場合で、安定収入を期待しないでよいと考える場合には、参入しやすいビジネスだといえるでしょう。

需要のあるブランド品や部屋を複数貸し出せれば月10万円以上の収入も見込めるビジネスです。

目的④あまり費用をかけずに始めたい

不労所得を得るために、必ずしも多額の費用が必要なわけではありません。資金をかけない分、労力で補うことも可能です。

あまり費用をかけずに始められる不労所得を順に見ていきましょう。

アフィリエイトブログ

■種別:ネットビジネス

■難易度     :★★★☆☆

■リターンの大きさ:★★★★☆

■リスクの大きさ :★☆☆☆☆

アフィリエイトは、ブログで企業のサービスや商品を紹介し、申し込みや購入といったブログ経由の成果に対して報酬が入る仕組みです。

サーバー代やドメイン代などを合わせて月1万円ほどの費用で始められます。

アフィリエイトブログは、更新を続けたり情報のメンテナンスをしたりといった、継続的にかなりの労力がかかるビジネスです。

なかなか成果が発生せず、収入ゼロの状態が続くかもしれません。

しかし、きちんとシステム化できれば、日々の労力は減らした上で月数十万単位の収入を得ることも可能です。

YouTube

■種別:ネットビジネス

■難易度     :★★★★☆

■リターンの大きさ:★★★☆☆

■リスクの大きさ :★★☆☆☆

ネットを利用した不労所得なら、YouTubeに動画をアップして広告収入を得る方法もあります。

スマートフォン一台で動画の撮影から編集まで行えるため、初期費用を抑えて始められるでしょう。

しかし、YouTubeの広告収入は一再生で0.1円といわれています。つまり、10万回再生されてようやく1万円の収入です。

多くの人に見てもらえる動画を作り続けることは簡単ではなく、勤労所得と同じだけの労働時間が必要になるかもしれません。

その反面、動画が人気を集めれば、長期に渡って収入を生み出してくれるでしょう。

資金が減るリスクはないものの、労力を回収できない可能性と予想以上に稼げる可能性、どちらもあるのがYouTubeです。

そもそも「労力」が掛かっている以上、純粋な「不労所得」とは言えないかもしれません。

不労所得を得る際の注意点

これまでお伝えしてきたように、不労所得を得ることは簡単ではありません。

労働時間を抑えてお金を得る仕組みを構築できるまでは、かなりの時間や労力を費やすでしょう。

費用面でのリスクが少ない不労所得でも、かけた時間と収入が見合わないケースもあります。

継続して収入アップが見込める場合は、知識や資産を積み上げる時期だと割り切ることも必要です。

しかし、赤字状態が続きそうなら、仕組みを見直したり撤退したりといった判断も必要になるでしょう。

そして、サラリーマンが本業とは別に不労所得を得る場合は、会社が副業を禁止していないか就業規則を確認しておきましょう。副業の範囲も会社によって異なります。

副業禁止となっていても、アルバイトとして他社に雇用されることを禁じているだけなのか、本業に影響が出なければOKなのか、自分の場合はどうなのかを確かめることが必要です。

また、不労所得にも「所得税」や「住民税」といった税金がかかり、確定申告が必要なケースもあるので注意してください。

まとめ

不労所得にはさまざまな種類があります。今回は不労所得の初心者であっても始めやすいビジネスをメインに紹介しました。

確実性を求めるのか、手持ちの資産や時間に余裕があるのか、自分の状況に合った不労所得を選びましょう。

どの不労所得もすぐに収益化するのは難しいため、継続するための環境作りも大切です。

投資物件の入居率は6年連続99%超え!不動産投資を始めるならグローバル・リンク・マネジメント

老後の備えや新たな収入源の確保を目的として不動産投資を始める方が増えてきました。

もし今あなたが不動産投資を検討しているのであれば、紹介・リピート購入率88.44%(2017年実績)のグローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーへ参加してみませんか?

本セミナーは、以下のような方におすすめです。
・不動産投資を始めようと思っているが、会社や物件の選び方が分からない
・貯金はないが、生命保険に3万円以上に払っている
・将来の備えに不安がある
・資産運用を始めてみたいが、そもそも何にどう投資をしていいかが分からない

過去ご参加いただいた方の約半数が不動産投資初心者です。また、多くの年収500万以上の会社員の方々が参加されています。

まずは一度セミナーへ参加してみませんか?

新型コロナウイルス感染症対策として無料オンラインセミナーを開催中です。

キーワード Keywords

あわせて読みたい Related Posts