不動産投資用語集(あ行)

よく出てくる「あ行」の不動産投資用語を、まとめました。
不動産投資用語集(あ行)

【あ行】【か行】【さ行】【た行】【な行】【は行】【ま行】【や行】【ら行】

頭金(あたまきん)

ローンの契約の際に、自己資金の中から支払うお金のこと。頭金を多く支払えばローン返済額を減らすことができるが、生活にも影響を与えるため、生活資金とのバランスを考慮して設定する必要がある。

アパートローン(あぱーとろーん)

賃貸用のマンションやアパート、賃貸用の店舗、事務所などの不動産に対するローンのこと。金融機関によって違いはあるが、購入者の属性(年齢や年収など)を重視して融資の可否が判断される。

住宅ローンよりも金利水準が高い。また、長期固定金利のものはなく変動金利や短期の固定金利が一般的になっている。

一括借り上げ(いっかつかりあげ)

不動産会社などの賃貸管理会社が家主から賃貸物件を一括して借り上げ、その物件を入居者に賃貸すること。

賃貸管理会社は家主に賃料を払い、入居者から手数料分を上乗せした賃料を受け取る。家主は、入居者から本来得られる金額よりも安い賃料しか得られないことになるものの、「仮に空室が発生しても賃料収入が減らない」「入居者管理や設備管理などの手間がかからない」というメリットがある。

インカムゲイン(いんかむげいん)

資産運用や投資に対するリターンの一つで、資産を手放さずに安定的・継続的に得られる収益のことをいう。株式投資の場合の配当金、預貯金や債券の場合の利息収入、不動産の場合の賃料収入が該当する。元本に対する1年間のインカムゲインの割合をパーセンテージで表したものが「利回り」。

印紙税(いんしぜい)

経済的な取り引きをする際に作成される契約書などの文書に対して課税される、税金。売買契約書や請負契約書、領収書などに収入印紙を貼る形で納付する。それぞれの書類の性質や記載の金額によって納付する税額が異なる。

投資物件の入居率は5年連続99%超え!不動産投資をはじめるならグローバル・リンク・マネジメント

老後の備えや新たな収入源の確保を目的として不動産投資を始める方が増えてきました。

もし今あなたが不動産投資を検討しているのであれば、紹介・リピート購入率88.44%(2017年実績)のグローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーへ参加してみませんか?

本セミナーは、以下のような方におすすめです。
・不動産投資を始めようと思っているが、会社や物件の選び方が分からない
・貯金はないが、生命保険に3万円以上に払っている
・将来の備えに不安がある
・資産運用を始めてみたいが、そもそも何にどう投資をしていいかが分からない

過去ご参加いただいた方の約半数が不動産投資初心者です。また、多くの年収500万以上の会社員の方々が参加されています。まずは一度セミナーへ参加してみませんか?

セミナーは無料でご参加いただけます。

キーワード Keywords

あわせて読みたい Related Posts