団体信用生命でマンション経営が生命保険に変わる理由とは?

「団体信用生命保険」には、マンション経営を保険に変える力があるようです。団体信用生命保険は住宅ローンや不動産投資ローンなどの借入時に加入することができ、ローン契約者に万が一のことがあっても保険金からローン残債が返済されるので、残された家族の経済的な負担を減らすことができるのです。
団体信用生命でマンション経営が生命保険に変わる理由とは?

「団体信用生命保険」や「団信」という言葉を聞いたことがありますか?

住宅ローンや不動産投資ローンを組む際にセットで加入することになるこの保険には、「マンション経営を保険に変える」力があるようです。

それでは、詳しくみていきましょう。

住宅ローンは保険で完済できる

不動産を購入する際、ローンの利用を検討するとなると「ローンを返済しているとき、万が一のことがあったら、どうなるのだろう……」を不安になることもあるかもしれません。

家族の将来を考えて始めた投資だったとしても、負債になってしまうリスクがあれば、本末転倒ですよね。

結論からいうと、返済義務がご家族に及ぶことはありません。

なぜなら、一般的に住宅ローンや不動産投資ローンには「団体信用生命保険」という保険がセットになっており、万が一のときは、この保険でローン残高を返済することが可能だからです。

また、保険料は金利分に組み込まれているため、別途保険料を支払う必要はありません。

「団体信用生命保険(団信)」とは?

住宅ローンや不動産投資ローンの返済期間中に、ローン契約者が死亡したり高度障害を負ったりした場合に、保険金からローンの残債が返済される保険制度のことです。

これにより、遺族はローンの返済の負担を免れることができます。

保険料は、上乗せ金利という形で金融機関に支払う仕組みとなっており、団信には保険会社と被保険者との間に金融機関を通して成り立っているという特徴があります。

生命保険と同じ効果が得られる理由

団体信用生命保険があるおかげで、不測の事態が起きたとしても住宅ローン残高は消滅し、遺族は毎月一定の家賃収入を得ることができます。

また、不動産を売却すればまとまったお金を手にすることも可能です。

つまり、ローンの返済中は、保険商品でいう「終身保険」として万が一の事態に備えることができ、その事態が起きなかったとしても、完済後は月々の家賃収入を得ることができるため、「生命保険」と同等の効果が得られるのです。

不動産投資による生命保険効果について詳しくは、「不動産投資が生命保険の代わりになる理由と覚えておきたいリスクとは」でも紹介しています。あわせてご覧ください。

がん団信について

団体信用生命保険における基本的な保障内容は、「ローン契約者が死亡もしくは所定の高度障害と診断確定された場合」に、ローンの残債が保険金から返済されるというものです。

しかし、ローンが返済できなくなるリスクは死亡・高度障害だけにとどまりません。

団信の種類によっては死亡保障だけでなく、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)も保障する内容のものや、7大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中・糖尿病・高血圧疾患・肝疾患・腎疾患)も保障する内容のものがあります。

そのほか、保険会社によってはさらに手厚い保障内容を追加できるオプションを用意しているところもあります。

保障内容が手厚くなるとその分保険料が高くなりますから、ご自身の現況や生活環境などを考慮した上で検討するとよいでしょう。

がん団信について詳しくは、「がん団信は必要?メリット・デメリットや注意点について徹底解説!」でも紹介しています。あわせてご覧ください。

まずは健康ありきの不動産投資

万が一の事態に備えたリスクヘッジとして団体信用生命保険が付帯され、月々の負担は最小でありながらも、将来に向けた確かな保障をつくることができる。

これは、マンション経営が選ばれている理由の一つでもあります。

この背景があることで、保険の選択肢や掛け金を見直したり、トータル的なキャッシュフローを良くしたりすることが可能になるでしょう。

注意すべき点としては、全員が保険に加入できるわけではない点です。

団体信用生命保険にも審査があり、健康な人しか保険は適用されません。

まずは「自分の健康が第一」です。

投資物件の入居率は6年連続99%超え!不動産投資を始めるならグローバル・リンク・マネジメント

老後の備えや新たな収入源の確保を目的として不動産投資を始める方が増えてきました。

もし今あなたが不動産投資を検討しているのであれば、紹介・リピート購入率88.44%(2017年実績)のグローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーへ参加してみませんか?

本セミナーは、以下のような方におすすめです。
・不動産投資を始めようと思っているが、会社や物件の選び方が分からない
・貯金はないが、生命保険に3万円以上に払っている
・将来の備えに不安がある
・資産運用を始めてみたいが、そもそも何にどう投資をしていいかが分からない

過去ご参加いただいた方の約半数が不動産投資初心者です。また、多くの年収500万以上の会社員の方々が参加されています。

まずは一度セミナーへ参加してみませんか?

新型コロナウイルス感染症対策として無料オンラインセミナーを開催中です。

キーワード Keywords

あわせて読みたい Related Posts