マンション経営を組み込んだポートフォリオ、シミュレーションを

不動産を組み込んだ新しい分散投資の考え方


これまで、ポートフォリオとして「株式」や「債権」などの資産ごとに分散を図る投資家が圧倒的に多数を占めていました。しかし、世界的に低金利の今、そのような資産ごとでは分散効果が薄れており、現在は「インフレヘッジ資産」として不動産投資を組み込む投資家が増えています。
現在カリフォルニア州職員の退職年金基金や、エール大学財団などアメリカの主要機関投資家のポートフォリオをみても、株式などの成長資産、債券などのインカム資産、そして不動産などに代表されるインフレヘッジ資産というように資産配分を行っています。さらにこの事実は投資機関のみならず個人投資家にも浸透しています。

東京の不動産投資(マンション経営)が注目を集める理由

そして東京における不動産投資(マンション経営)は、アベノミクスや2020年開催の東京オリンピック効果でインフレヘッジ資産として期待されている中、家賃収入としての利回りは3~4%と世界の不動産投資からみても高水準とみることができます。インフレヘッジのみならず、インカム資産としても見込めることが注目を集めるポイントの1つです。 また、相続税等含め節税対策になるということもその要因であるといえるでしょう。

価格は上昇中?

現在、東京の不動産価格は上昇傾向にあります。上記にあげたような経済状況はもちろん、訪日外国人によるインバウンド投資も増加していることもその理由の1つです。
特に中国からの問い合わせは、ビザ取得の関係や自らの資産保全などの理由で年々増加しています。

総合的に判断する材料を揃えよう

不動産価格が上昇しているというと、連想されるのは1980年代後半のバブル。「日本は半永久的に経済が右肩上がり」や、「土地価格は永遠に下がらない」という、希望的観測の元、土地神話があっという間に列島を席巻し、価格の高騰を招きました。それに対し現在の不動産価格動向は、上記にあるように様々な投資機関による自らの資産保全のためや、不動産を取り巻く経済状況などに影響されていますが、土地神話を信じた「土地を買っていればとりあえずは今後下がらないだろう」というかつての思惑はなく、恐らく逆に、不動産購入を検討する中で「値下がりしたらどうなるか」と考える投資家がほとんどだと思われます。
現在の価格、金利、経済状況、自身のポートフォリオ。総合的に判断し、当然今後の価格下落もシミュレーションをした上で最良の不動産投資(マンション経営)をはじめましょう。