マンション経営オーナー業務

マンションを購入するとオーナーとなって様々な業務を行わなければなりません。例えば事件や事故を未然に防ぐために24時間監視・巡回します。掃除をして建物の内部や周辺を清潔に保つとともに、衛生を管理します。他にも建物の総合管理や定期点検を行ったり、故障があれば補修を行ったりします。このように大家さんがするようなことを想像する方がいるかもしれませんが、このような業務をしているマンションのオーナーさんは実際あまりいません。

管理会社にすべてお任せ


一般的にマンションを購入したら、マンションの管理をほとんど管理会社にお任せしてしまいます。
マンションの管理には2種類あり、賃貸管理と建物管理に分かれます。賃貸管理は多くの人が一度は経験したことがある、または現在進行形の方もいると思いますが、主に家賃の回収を行います。建物管理は上記したように、建物のメンテナンスなどを行います。

実はほとんどすることがない

これらすべての業務を管理会社に任せてしまうので、実際にマンションのオーナーが行う業務はほとんどありません。仮に建物が破損してしまったとしても、結局業者に頼みますよね?決められた手数料を払うことですべてお任せすることができます。そのため、時間的な負担が少なく手軽にマンション経営を行うことができるため、忙しいサラリーマンやお医者様の資産運用法として選ばれている理由の一つになっています。

一括したサポートをする会社がおすすめ

管理会社に任せることでオーナーがする業務はほとんど無くなりますが、マンションを買った会社と管理会社が別々になってしまうと何かトラブルが起こった場合どちらに連絡すればいいかわかりません。そこでマンションの建設から販売、賃貸や建物管理を一括してサポートしている会社をおすすめします。そのような会社を選ぶことで、20~30年の先を見据えた長期的な対応が可能になり、通常よりも様々なメリットがあります。マンション経営を成功させるにはパートナーとなる会社選びが大切です。