マンション購入と銀行ローン

お問い合わせ


不動産投資のことなら「0からはじめる不動産投資」 > マンション経営 > マンション購入と銀行ローン

マンション経営

マンション経営に関するノウハウを解説します。

マンション購入と銀行ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション経営に不可欠なローン。審査をクリアするためには採算性や将来性の高い物件を

マンション経営における知識の中で、重要なものの一つがローンに関わる知識です。どんなに利回りの良い物件を見つけたとしても、自己資金だけで購入することはほとんどの場合できません。そこで今回はマンション経営をする際に必要となるローンについて解説します。


投資用マンションを購入する際は、住宅ローンは使えない?

数千万円単位の投資用マンションを購入する際、現金で購入できる方はほとんどいません。そこで必要となるのが銀行からの融資です。銀行の融資商品はマイカーローンや教育ローンなど数多くあります。住宅を購入する際は住宅ローンを利用しますが、投資用不動産を購入する際は不動産投資ローンあるいはアパートローンなどと名称がついているローンを利用することになります。
この不動産投資ローンは住宅ローンとは大きく違います。事業に対する貸し付けですので、住宅ローンに比べ審査基準は厳しく、金利も高めに設定されていることがほとんどです。その理由は、採算性や将来性などが重要視されるからです。

物件を購入する際は、不動産仲介業者やエージェントなどに仲介を依頼しますが、業者によっては銀行との提携ローンなどを用意しているケースがあります。この場合は、提携ローンを積極的に使うことをおすすめします。金利が低く設定されているなど優遇されている商品だからです。
また、業者を選ぶ際に、銀行との提携ローンを用意しているかなども選定のポイントにするといいでしょう。銀行から信頼を得ている証ともなるからです。

不動産投資ローンを利用する際のメリットとデメリットは?

銀行からの融資を受けるということは負債を抱えることになりますが、一方で大きなメリットも得られます。それはマンションを購入する資金すべてを用意することなく、新しい投資を始められることです。つまり、少ない投資金額で高い利回りを得られる可能性があるということです。
投資の専門用語で「レバレッジ」と言いますが、他人の資本を使いながら自分の資金を増やしていくことができるのはローンを利用する一番の魅力でしょう。

しかし、反対にデメリットもあります。一般的にローン返済は家賃収入でまかなうものと考えますので、空室になってしまうと返済用資金が入ってきません。別に本業がある方ならそちらから資金を回すこともできますが、それでも空室が長引いてしまうと、部屋を持っていること自体がマイナスになってしまうのです。これではマンション経営は行き詰まってしまいます。
そうかと言って、物件を売却する際も注意が必要です。売却価格がローン残高を下回ってしまうケースもあるからです。残債が払えない場合、金額が大きいようであれば自己破産も選択肢になってしまいます。
こうした最悪な事態にならないよう、ローンを借りる際は事業計画をしっかりと立てるなど、慎重に検討を重ねることが大切です。

まとめ

マンション経営はローンを組むことによって、少ない自己資金でも始められる事業です。賢く利用することで事業をより大きくしていくことができるため、ローンの知識は不可欠です。
しかし、大きな資金を借りることになりますので失敗は許されません。返済シミュレーションをしっかりし、事業として将来性があるなど信頼できる物件を選ぶことが重要といえるでしょう。

この記事の著者
早川 颯太

早川 颯太

株式会社グローバル・リンク・マネジメント 不動産コンサルタント
長野県出身
金沢大学理工学域電子情報学類卒業
特技・趣味:野球、スポーツ観戦
好きな食べ物:トマト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
過去の記事 新しい記事